2013年02月28日

暗やみで叫ぶ

今日も寒いと思い、分厚いジャケットを着てマフラー、耳当て、手袋をはめて出かけました。しばらくして日が照ってくると、汗ばんできました。ようやく春になったんだ!と嬉しくなりました。明日から3月ですね。

水曜礼拝ではイエス様が十字架上で語られた7つの言葉についてメッセージを聞いています。昨日のメッセージはイエス様の口から出た4つ目の言葉「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」でした。この言葉はアラム語で、聖書には「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という訳が書かれています。

これは詩編22編に書かれている言葉で、嘆きと賛美が含まれる22編全体を示しているのだそうです。

「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という言葉だけを読むと、神様に見捨てられたことに対して、いじけている。あるいは抗議しているように受け取れます。でも、決してそういう意味ではなくて「わたしは神に見捨てられている」という宣言なのだと教えていただきました。


イエス様が十字架につけられて後、12時から3時まで全地が暗くなったと書かれています。ですから「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」は暗やみの中で語られました。

暗やみには2つの意味があって、ひとつは神の裁きのあらわれで、神から隔たっていることを意味します。
イエス様は神様から見捨てられました。歴史の中で神から見捨てられたのはイエス様だけです。わたしたちは、どんなに絶望しても、神様に向かって叫ぶとき、神様は聞いてくださいます。でも、この時のイエス様は、叫んでも神様は顔をそむけておられます。完全な絶望です。


イエス様は十字架刑にされて肉体的な苦しみも大きかったことでしょうが、いちばん辛かったことは、神様に見捨てられたことではないでしょうか。

イエス様が神様に見捨てられてくださったおかげで、わたしたちは決して見捨てられない者になったのですね。

また、暗やみのもうひとつの意味を聞いて慰められました。
最初の意味と全く異なり、暗闇は神の臨在を証明するところとして用いられます。出エジプト記20:21には「モーセは、神のおられる暗やみに近づいて行った。」と書かれています。
「わが神、わが神……」と、見捨てられても神の臨在を求めるイエス様の姿。「わたしたちも暗やみの中で『わが神』と叫ぶ経験ができます。」
と牧師先生が言われました。

「わが神」と呼べるのなら、暗やみは、もはやわたしにとって暗やみではなくなります。

「わたしはほんのしばらくの間、あなたを見捨てたが、大きなあわれみをもって、あなたを集める。怒りがあふれて、ほんのしばらく、わたしの顔をあなたから隠したが、永遠に変わらぬ愛をもって、あなたをあわれむ。」とあなたを贖う主は仰せられる。(イザヤ54:7-8)」
posted by 土筆文香 at 17:27| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。