2013年05月31日

「デイヴィッド・コパフィールド」を読んで

ネット読書会カラマの会の今年の課題本はチャールズ・ディケンズ「デイヴィッド・コパフィールド」(石塚裕子訳 岩波文庫)です。昨年はドストエフスキーの「白痴」と「悪霊」だったので、気が重かったのですが、今年の本は大いに楽しんで読めました。

先日SLの旅に同行させ、牛久駅あたりで読み終えたので、感動が冷めないうちに少しだけ感想を書かせていただきます。
「デイヴィッド・コパフィールド」はモームが世界の10大小説の1つに選び,ディケンズ自身も「自分の作品中最も好きなもの」と語っている作品です。チャールズ・ディケンズはクリスマスキャロルも書いています。

岩波文庫で5冊もあるので最初は読み切れるかしらと思いました。ところが、ストーリーがおもしろくてどんどん読み進めてしまいます。しかも、主人公は少年。だんだん成長していくのですが、成人しても子どもの心を持ち続けているようなデイヴィッドです。デイヴィッドと共に笑ったり、涙を流したり、はらはらしながら読みました。
読書会のお仲間で1か月弱で読了してしまった方もおられます。

わたしは、途中でほかの本を読んだり、読み返したりしてブレーキをかけながらゆっくり読みました。読み終えたら寂しくなると思ったからです。(実際、読み終えた今、寂しいです)

「デイヴィッド・コパフィールド」とはこの小説の主人公の名で、チャールズ・ディケンズ自身の自伝的小説と言われています。でも略歴を見るとかなり違っています。精神的自伝小説と言った方がいいでしょう。
「ぼくは」という一人称で書かれています。たくさんの登場人物が出てきて、複雑に絡み合ったストーリーなのにデイヴィッドの視点からだけで書けるのですから、すごい筆力だと思います。

一人称なのに内面を鬱々と書くのではなく、読者があきる前にはっとさせられるような出来事が起こり、この先どうなるのだろうという期待を持たせ、そして期待を裏切らない結末に向かってストーリーが展開されていくのです。エンターテイメント的な要素が強いですが、わたしはすっかりこの小説に魅せられてしまいました。

小説はデイヴィッドが生まれるときのことから始まっています。生まれてくる子が女の子だったら援助するつもりで叔母さんがやってきますが、男の子だったのでがっかりして帰ってしまいます。(冷たい叔母さんだと思いましたが、あとからデイヴィッドを助けてくれ、愛情深い婦人だということがわかります)

デイヴィッドが生まれたときはすでに父親は亡くなっており、若い母親と乳母ペゴティーに育てられます。やがて母親が再婚し、継父とその姉からひどい仕打ちを受けます。寄宿舎のある学校に入れられ、先生から虐待を受けます。
また、デイヴィッドの母親は赤ん坊を生んで間もなく死んでしまうという悲劇的なストーリーです。でも、ちっともじめじめしていなくて、乳母のペゴティーがデイヴィッドを抱きしめるたびに背中のボタンがはじけ飛ぶようすが描かれていたり、ペゴティーの兄一家のユーモラスな言動に思わず微笑んでしまう場面があります。

さまざまな人たちが登場してきて、その個性的な人たちが生き生きと描かれています。
人物の描写が細かく、挿絵がついた文庫ですが、挿絵を見なくてもその人の顔かたち、体形が想像できます。
小説の最後の方で、物語に出て来た主な登場人物のほとんどが再登場していることに感心しました。デイヴィッドをとりあげた医師まで登場させています。

その後、あの人はどうなったのかな? と思っていた人のことが最後まできっちり書かれています。
ユライア・ヒープは相変わらず悪いままでした。結婚が決まっていたのにほかの男と駆け落ちしてしまったエミリーの心情については書かれていませんが、ミスター・ペゴティーにハムのお墓から一束の草と土を持ってきてほしいと頼んだというところでエミリーの思いが伝わってきました。

人間に対する深い愛情をもって書かれた「デイヴィッド・コパフィールド」。デイヴィッドはいつまでもわたしの心の中に生き続けるでしょう。

みなさんにぜひ読んでいただきたい小説です。まだ読まれていない方はぜひお読みください。中学生から読めます。

posted by 土筆文香 at 16:45| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

竜巻の恐怖の中で

23日の朝日新聞に米オクラホマ州の小学校で、竜巻の恐怖を歌で耐えたという記事が載っていました。何をうたったかは書かれていませんでしたが、数日前TVで「Jesus loves me」と歌ったというインタビューが流れました。
おそらく賛美歌「主われを愛す」だと思います。

もちろん、この歌だけでなく何曲も歌ったのでしょうが、死ぬかもしれないという恐怖のまっ最中、危機的状況の中でJesus loves meとうたったことを知って心打たれました。

神様が愛しておられるなら、どうしてこのような災害を起こすの? どうして助かった人と亡くなった人がいるの? という思いを抱く人もいるかもしれません。
でも、どんなときでも神様はわたしたちを愛してくださっていると信じられるなら、恐怖の中でも冷静を保っていられますね。

「主我を愛す」の英語の歌詞はすばらしいです。

Jesus loves me! This I know,
For the Bible tells me so.
Little ones to Him belong;
They are weak, but He is strong.
Chorus:
Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
The Bible tells me so.

Jesus loves me! This I know,
As He loved so long ago,
Taking children on His knee,
Saying, “Let them come to Me.”
Chorus

Jesus loves me when I'm good,
When I do the things I should,
Jesus loves me when I'm bad,
Though it makes Him very sad.
Chorus

Jesus loves me still today,
Walking with me on my way,
Wanting as a friend to give
Light and love to all who live.

Chorus

Jesus loves me! He who died
Heaven’s gate to open wide;
He will wash away my sin,
Let His little child come in.
Chorus

Jesus loves me! Loves me still
Tho' I'm very weak and ill;
That I might from sin be free
Bled and died upon the tree.
Chorus

Jesus loves me! He will stay
Close beside me all the way;
Thou hast bled and died for me,
I will henceforth live for Thee.
Chorus


歌詞の大意

イエス様が私を愛していることを私は知っています。
なぜなら聖書がそのように教えているからです。
主のものである私たちは弱いです。
しかし、主は強くおられます。

コーラス

そうです、イエス様は私を愛しています。×3
聖書はそのように教えてくれます。
イエス様が私を愛していることを私は知っています。
イエス様が遠い昔に愛した時のように愛してくれています。
今でも子供である私たちをひざの上にのせ
「人々を私のもとに来させよ」とおっしゃいます。

コーラス

私がするべき善い行いに励むとき
イエス様は喜んで愛を注いでくださいます。
私が悪い行いをするときにも
イエス様悲しみながらも愛を注いでくださいます。

コーラス

イエス様は今も私を愛してくださいます。
私の歩む道を共に歩いてくださり、
生けるものすべてに愛と光を与える友達でありたいと願われています。

コーラス

イエス様は私を愛しています。
イエス様は死んで天国の扉を大きく開いてくださいました。
私の罪を洗い清め、子供である私たちを天国に導きます。

コーラス

イエス様は今でも私を愛しています。
私は弱くて病んでいるけれども、
そんな私を罪から解放するために
十字架の上で血を流し、死んでくださいました。
コーラス

イエス様は私を愛しています。
これからもあらゆる時に私のそばにおられます。
あなたは私のために血を流し、死んでくださいました。
だから、これから私はあなたのために生きます
(ウィキペディアより)


弱い人、自分のことをどうしようもない者だと思っている人、苦しんでいる人、危機的状況にある人……
嘆かないでください、絶望しないでください。だいじょうぶです。イエス様があなたを愛しておられますから。(あなたとはイエス様を信じていない人も含まれます)

危機(クライシス)機は機会(チャンス)の機。危機が訪れた時は同時に良い機会が訪れています。(OBI同窓会で聞いた言葉)
posted by 土筆文香 at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

ほめられた人


忙しい先週が駆け足で通り過ぎていきました。
土曜日の子ども家庭集会では、お話しし始めようとしたときに地震があって、震度3ぐらいだったらしいのですが、動揺しました。子どもたちは落ち着いて机の下にもぐったりしていました。

地震がお話の途中でなくてよかったです。もし途中だったら頭の中が真っ白になってしまっていたでしょう。20分間という長いお話でしたが、一年生の子どもも静かに聞いてくれました。終わったとき、みんな足がしびれたと言っていました。


先日の家庭集会の学びを紹介します
聖書にはイエス様にほめられた人が何人か出てきます。ルカの福音書7章1-10に出てくる百人隊長は、イエス様に絶賛されています。
この百人隊長は、当時イスラエルを支配していたローマ側の人です。百人隊長は、自分のしもべが病気で死にかけていたとき、イエス様に助けに来てほしいとユダヤ人の長老を通して伝えました。

百人隊長は人格者であり、ユダヤ人に尊敬されていたようです。ユダヤ人のために会堂(礼拝する場所)を建てました。長老たちは、イエス様に百人隊長の願いをきいてやってほしいと頼みました。

しもべとは百人隊長の配下にあった兵士の一人かそれとも百人隊長に仕えていた奴隷かわかりませんが、百人隊長はしもべを大切に思い、何とか助かってほしいと思っていたのです。

イエス様は百人隊長の家に向かいます。すると、百人隊長は友人を遣わして「主よ、わざわざおいでくださいませんように。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません」と伝えます。

百人隊長はイエス様のことを「主よ」と言いました。ローマ皇帝に仕える身で、皇帝崇拝の行われていたローマで、皇帝以外の人を主と呼んでいることが知れたら大変なことになるのに、危険をも顧みずそう呼んだのです。

そして「ただ、おことばをいただかせてください。そうすれば、私のしもべは必ずいやされます」と言いました。

来てくださいと頼んでおきながら、わざわざおいでくださいませんようにと言うのは矛盾しているようですが、イエス様が百人隊長の願いを聞いて出向いてくださったことに感激して、それだけでじゅうぶんだと思い、また、イエス様を自分の家に入れる資格のない者だと思ってそう言ったのでしょう。

イエス様は「このようなりっぱな信仰は、イスラエルの中にも見たことがありません」と言って百人隊長をほめました。

もちろん、しもべは癒されました。

百人隊長はイエス様がどんなお方なのか知っていたのですね。イエス様はことばだけで病を癒すことができると信じていたのですね。
わたしだったら、イエス様を無理にでも自分の家に連れてきて「癒してください」と頼み込んだかもしれません。
ことばだけでいやされると信じた百人隊長の信仰はすごい、わたしもそのような信仰を持ちたいと思いました。


イエス様が十字架で息を引き取られたとき、そこに居合わせていた百人隊長が「ほんとうに、この人は正しい方であった」と言っていますが、この百人隊長と同一人物だったのではないかという人がいるそうです。そんな気がしてきました。

同じ光景を見て、犯罪人が十字架刑で息を引き取ったとしか思わなかった人、悲しみにくれた人、罪のない正しい人が十字架につけられたと確信した人……人々はさまざまな思いを抱いてイエス様の十字架を目撃したのですね。

現在もイエス・キリストを歴史上の人物のひとりととらえている人、キリスト教の教祖としてとらえている人、自分には関係のない人だと思っている人……とさまざまです。

でも、イエスを「主よ」と呼ぶ人たちは幸いです。イエス様を主と見上げて従う人生は祝福あふれ、輝いています。

posted by 土筆文香 at 17:09| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

名前をいただいて

今週は大忙しです。
月曜日はOBIの同窓会があったので都内へ出かけ、三鷹の実家に寄って泊まり、火曜日に帰ってきました。水曜日は児童文学者協会茨城支部の例会。今年度から支部長をさせていただくことになり、慣れない司会をして緊張しました。合評では6作品もの提出があり、すごく勉強になりました。

木曜日は、金曜にある我が家での家庭集会の準備で、大掃除と料理の下ごしらえと買い物で一日バタバタしていました。
家庭集会は8人の方が来てくださいました。家庭集会のメンバーのひとりが手塩にかけて育てた薔薇を持ってきてくださいました。

そして明日土曜日は子ども家庭集会の奉仕で出かけます。原稿用紙20枚ほどの創作童話を暗記してお話しするのですが、まだ全部覚えていません(^_^;)

わたしの体力、能力の限界を超えたことをしていますが、朝にはその日のことを祈り、夕には感謝と翌日のことを祈り、その次のことは考えないようにして、ひとつひとつのこと成し遂げる力を与えてくださいと祈っています。

先の先を考えると、あれこれ思い煩ったり、不安になってしまいますが、ひとつ先の事だけ考えて一歩一歩すすんでいけばいいのなあと思います。

日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)のHPにニュースレター28号をアップしました。理事長池田勇人先生の追悼号です。その中に掲載されているわたしの400字エッセイを紹介します。以前、ブログに池田先生を偲んで書いたものと重複する部分もありますが……。

                
名前をいただいて


十年前、JCPに入会したばかりのころです。乳がんの手術を受けることを池田先生に話すと、手を取って祈って下さいました。
まだ死にたくないと言うと、「わたしはいつ死が訪れてもいいように死の備えをしているのです」と言われました。そして星野富弘さんの詩「いのちが一番大切だと思っていたころ……」を書いた色紙を送って下さいました。

術後落ち込んだとき、この言葉で助けられたのでした。これは、後に先生ご自身が病の床で力を得た詩であるとお証しておられます。

また、先生のおかげで「リピート・シンドローム」が出版されました。リストカットやドラッグを取り上げているので、本名で出さない方がよいと言われ、厚かましくも先生にペンネームをつけてくださいとお願いしました。先生はいくつかの候補を挙げて下さいました。その中から土筆文香を選ばせていただきました。土筆文香の名に恥じない文章を書いていかなくてはと思っています。

posted by 土筆文香 at 21:20| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

誰も知らない私の悩み


昨日は教会でゴスペルシンガーのKiKiさんを迎えてのティータイムがありました。ティータイムは、教会で年に一度行われる婦人のための集会です。


手作りお菓子と紅茶を飲みながらの集会です。あいにくの雨でしたが満席で、120人以上の人たちが集まりました。

KiKiさんは北海道に住んでおられます。土浦めぐみ教会に来られたのは3回目です。最初は2009年教会コンサートで、2010年にはティータイムに来てくださいました。
KiKiさんに了解を得ましたので、証しの一部を紹介させていただきます。


ゴスペルに惹かれて27歳のとき渡米され、『誰も知らない私の悩み』という曲を聞いて心打たれました。
それは、私のことを誰も知ってくれないと嘆く歌ではなく、「Nobody knows but Jesus」、つまり、主イエスはちゃんとわかっていてくださる、悲しみ、苦しみをイエスは知ってくださっているという救いと希望のメッセージが込められた歌でした。
当時歌詞の意味はわかりませんでしたが、このときゴスペルと出会ったのです。

その後、ゴスペルを知るためには神を知る必要があると思い教会へ行きました。最初は、違和感を抱いていたのですが、隣に座った人がいきなり「あなたのために祈ります」と言って祈りはじめました。

その後、お母さんが乳がんになったとき、その人の祈りを思い出しました。
そして、神の存在を信じたいと思うようになり、洗礼を受けました。水をくぐったことにより、少しずつ変わっていきました。それまでは弱い面を人に見せることができなかったのですが、心の鎧がはがれました。

ゴスペルを歌うようになり、これからというとき、乳癌の宣告を受けました。トリプルネガティブ乳癌で予後の悪い癌でした。再発、再々発もしました。でも、抗癌剤治療を受けずにゴスペルを歌うことに決めました。


と言って、賛美されました。人々にいやし、希望、力を与えたいという思いを込め、いのちをかけて賛美するその姿に涙があふれました。

posted by 土筆文香 at 20:13| 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。