2013年07月08日

眠れない夜は

梅雨明けとともに猛暑。体にこたえる暑さです。こんなとき、自転車がパンクしてしまいました。近くのホームセンターに持っていくと、そこではもう修理をしてないというので、歩いて25分のイオンに自転車を押しながら行ってきました。熱中症予防に塩飴をなめ、水分補給しながら行ったのですが、あまりの暑さに頭はクラクラ、着いたときは足がガクガクしていました。

昨日、一昨日と暑さで睡眠不足です。
眠れない夜に書いた詩です。


眠れない夜

眠れない夜
心配事がどんどんふくらんでいく
起こるはずのないことが次々起こる想像をして
ますます深みにはまっていく
これじゃいけない
考え過ぎちゃいけない
早く寝よう
明日の体力がなくなってしまう

このまま朝になったらどうしよう
寝ようと思えば思うほど
目が冴え、まとまりのない思いが頭の中をかけめぐる

「だれか助けて」
無意識に手を組んで叫んでいた
「心配しなくていい
必要な眠りは後に必ず満たされるから、だいじょうぶ」
語りかける声を聞いてほっとする
いつの間にか夢の世界に入っていた


世界中に眠れなくて苦しんでいる人は、どれだけたくさんいることでしょう
眠れない夜は、その人たちのために祈ることにしました。時間はたっぷりあるのですから。


posted by 土筆文香 at 17:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。