2013年08月19日

優先順位

昨日の礼拝は講壇交換でF教会の牧師K先生がお話ししてくださいました。
K先生は少年院の教誨師をされています。

少年院に入所している子どもたちの大半が親に愛されずに育ったそうです。愛された経験のない子どもは、愛することができないのです。

「Itと呼ばれた子」のデイヴ・ベルザーは、母親にオーブンで焼かれそうになるほどのひどい虐待を受けます。父親からも愛されません。でも、彼は乳幼児の一時期、母親に愛されて育った記憶があるので、愛することができる者になります。

でも、生まれた時から愛されなかった子どもはどうなるのでしょう……。

親が愛していなくても「神様は愛しているよ」と伝えたいとK先生が言われましたが、わたしも全く同じ思いです。
少年院の子どもたちも神に出会い、神の愛のメッセージを受け止めるとき新しく生きられるのです。

神さまが人を造られた目的は、神を愛するためです。
神を愛するとはどういうことでしょう。礼拝することが神を愛することですが、日曜に教会の礼拝に出席することだけが礼拝ではありません。どの場所にあっても、霊とまことによって礼拝することができます。

旧約聖書に登場するイサクは、人が生きるのに大切なこと……優先順位を教えてくれています。

「イサクはそこに祭壇を築き、主の御名によって祈った。彼はそこに天幕を張り、イサクのしもべらは、そこに井戸を掘った。(創世記26:25)」と聖書に書かれています。

祭壇を築き、主の御名によって祈るとは、神様を礼拝することです。天幕とは住まいのことですが、天幕を張るとは、神の愛を中心とした家庭を築くことです。井戸を掘るとは仕事をすることです。


この順序が大切で、このように生きるとき、神様からの祝福があふれるのですね。

posted by 土筆文香 at 12:00| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。