2013年09月26日

7年目の卒業式

日本クリスチャン・ペンクラブ関東では、1年おきに本を出版しています。同じテーマで会員の書いたあかし文章を掲載するのです。字数も決まっていて400字のものと1200字のものがあります。
1200字はそれほど苦労しないで書けますが、短編より長編が向いているわたしにとって400字を書くのは大変なことです。書いては消し、書いては消して、しまいには肝心なことまで消し、何を書いているのかわからなくなってしまうこともあります。

来年出版される本に掲載する400字のテーマは春・夏・秋・冬です。
今、秋のエッセイに取り組んでいて、明後日の例会に持っていくために先ほどまで最後の推敲をしていました。
今日は春のエッセイを紹介させていただきます。


          7年目の卒業式                   
                                土筆文香

 黒いガウンを身にまとい、角帽をかぶった私は、卒業証書を受け取っていた。
 乳癌を患ったとき、生かされている時間は限られていると、当たり前のことを自覚した。

 それまで神様から与えられた時間をなんと無駄にしていたのだろうと思った。
 自由に使える時間を神様に捧げたいと思い、お茶の水聖書学院に入学した。通信の学びは神様の恵みを受ける祝福の場となった。  
 
 難しいと思っていた旧約聖書にはイエス様を示す言葉や出来事がたくさん書かれていた。反逆の民イスラエルは、神様から心が離れていた自分のことだと思った。神様に背を向けて歩んでいた私をじっと忍耐して待って下さった神様。
ホセアが裏切った妻ゴメルを赦したように神様は私のことも赦し、戻って来るのをじっと待っていて下さったのだ。

 夢中で学んでいるうちに単位が満たされ、2013年の春、7年目にして卒業式の日を迎えた。神様が成し遂げさせて下さったのだ。



明後日のJCP例会では「最近の私とあかし文章道」という題でお証をすることになっています。
posted by 土筆文香 at 16:28| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

釣りごっこ

連休にヒックンがやってきました。21日は、久しぶりに霞ヶ浦の近くにある水郷公園へ連れて行きました。

青森旅行以来、魚に興味を持ったヒックンは霞ヶ浦を見て「釣りがしたい」と言いました。魚に近づけないほどこわがっていたのに……。
釣り道具を持ってきてなかったので、ネイチャーセンターで展示されている魚を見ました。

日の当たる場所はまだ暑いのですが、日陰は涼しくて心地よい風がふいてきます。
シートを敷いておにぎりを食べました。

食後、総合遊具のある場所に行くと、ひとりでどんどん上までのぼっていきました。前回来たときは、おじいちゃんと一緒でなければのぼれなかったのに。

帰ってからWeb図鑑で魚をみて、好きな魚の画像を印刷し、それを見て魚の絵を描きました。
描いた魚を切ってクリップをつけ、磁石の釣り竿で釣りごっこをしました。
楽しくて、楽しくてたまらないようすです。

「夜も遊んでね」というので、「後片付けがあるからだめと」と言うと、キッチンにきて洗い物をはじめました。
水道の蛇口までは届かないのですが、シンクに手を伸ばして一生懸命洗っています。

「ぼくが洗えば、早く片付けが終わるでしょ」
と、洗剤の泡を鼻の頭につけて言います。
「ありがとう。助かるわ。家でもお手伝いしているの?」
「やってない。食器洗うの、ぼく初めてだよ」
「初めてなのにこんなに上手に洗えて、すごいね」
ほめられてヒックンは得意げです。

後片付けが終わると、魚釣りごっこをして、夜はたっぷり(40分ぐらい)お話をしましたが、なかなか寝なくて……。いつまでもしゃべっていましたが、わたしは疲れて先に眠ってしまいました。

「こんどは、糸電話作って遊ぼうね」
と言って帰って行きました。

一緒に遊ぶのが楽しいと言ってくれるのはあと何年かな……と思いながら見送りました。


posted by 土筆文香 at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

失敗しても

ときどき過去の失敗を思い出して心がチクチク痛むことがあります。どんなに後悔してもやり直すことはできず、なかったことにすることはできないとわかっていても、心の疼きは消えません。

『失敗は誰にでもある』『失敗にとらわれてなはいけない』と思っても忘れ去ることはできません。

今日はOさん宅での家庭集会で創世記12:10-20からアブラハムの失敗について学びました。

「すべて信じる者の父」と呼ばれるアブラハムは、同じような失敗を2回もしてしまいます。信仰のお手本になるような人の失敗があえて聖書に書かれていることは驚きです。
アブラハムは神様によって約束されたカナンにやってきますが、その地が激しい飢饉に見舞われました。それで思い悩んだ末、エジプトに行きます。

エジプト人が妻のサラが美しいのを見て、夫の自分は殺されるかもしれないと思い、サラを妹だと偽りました。
サラはエジプトの王パロの目に留まり、妻として召し入れられてしまいました。でも、パロはサラがアブラハムの妻だと知って返してくれました。神様が守ってくださったのです。
アブラハムはそのあと祭壇を築いて神様に祈りました。

アブラハムがサラを妹と偽ったことは、確かに罪深い行為でした。でも、それが失敗だったかどうかが大事なポイントではないと聞きました。
失敗をしてしまったアブラハムが神様に顔を向けて祈ったことが重要なのです。その後、アブラハムがまた同じような失敗をしてしまいますが、再び神の御手が働いて守られます。
そしてまたアブラハムは神に顔を向けて祈るのです。

信仰を持っていてもいなくても人間としての本性は同じです。すばらしい信仰者と呼ばれる人でも失敗します。でも、信仰者は帰る場所を持っています。
「失敗しても失敗しても神様に顔を上げることをやめないことが信仰者としての原点です」と聞いて、失敗ばかりしているわたしは大いに慰められました。

posted by 土筆文香 at 21:26| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

こんなすばらしいことを……

台風が大きな爪痕を遺して過ぎ去って行きました。近隣を流れている桜川が氾濫か?というニュースが入ったときは驚きました。10月に行われる花火大会の桟敷席(作りかけのもの)が流されてしまったのでは……と心配しましたが、だいじょうぶでした。
今日は台風一過のいいお天気。風もさわやかです。


一昨日は教会の創立記念礼拝でした。創立59周年。新会堂建築から27年たちました。
わたしは新会堂ができてからめぐみ教会へ通い始めたので、旧会堂のことは知りません。
最初は天幕で、次に洋裁学校を借りて礼拝が行われていたことを聞き、今のような大きな会堂で礼拝できることは神様の恵みなのだなあと思いました。


Tテモテへの手紙1章からメッセージが語られました。
パウロはテモテを励ますために手紙を書きました。

まずパウロはイエス様に大きな感謝を捧げていることを書き、次に自分自身のあかしを書いています。
かつてパウロはクリスチャンに暴力をふるう者でしたが、キリストからあわれみを受け、人生を根本から作り変えてくださったことをテモテに伝えています。

「しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠の命を得ようとしている人々の見本としようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。(Tテモテ1:16)」

キリストはパウロを信頼し、大切な福音をゆだねました。パウロはテモテにもゆだねてくださったと言っています。
「テモテだけでなく、わたしたちにもゆだねられているのです」「キリストがあなたを忠実な者と認めているのです」と牧師先生が言われました。


福音とは、天と地を造られた神が、私たち罪深い人間をキリスト・イエスの十字架によってよって救い、私たちを永遠ご自分の子どもとして愛し、祝福してくださるということです。
こんなすばらしいことがあるでしょうか! 主の恵みとあわれみによって、かつては魂が死んでいたようなわたしが生き生きとした人生を歩んでいます。

この福音をまだ知らない人にいのちをかけて伝えていきたいです。
posted by 土筆文香 at 17:19| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

子どものネット依存

自分はほかの人からどう見られているんだろう。どういうふうに思われているんだろうと思うことがありませんか?

かつてわたしは人の目ばかり気にしていました。裏を返せば、人に少しでも良くみられたい、少しでも良く思われたいと思っていたのです。
小学校高学年のころ、友人の輪から離れたとき、自分の悪口を言われているのではないかといつも不安でした。それは、数人が集まるといつもそのときにいない人の悪口を言っていたからです。
でも、まだわたしの子どものころは、悪口を言ったことがそれほど深刻な事態を引き起こすことはありませんでした。
でも、今の時代は違います。LINEで悪口の言い合いをして、殺人にまで発展してしまった事件がありましたね。

「誰にも教えないでね」と友人に秘密を打ち明けると、その友人がほかの友人にLINEで流し、翌日学校中の人がその秘密を知っていたということがあり得る時代です。

こうなったら人間不信に陥りますよね。人間関係が築かれていないうちにネット上の言葉だけが先走りしてしまうために起こったともいえるでしょう。
顔と顔を合わせて話すと、そのときの相手の表情、声の調子、しぐさなど知ることができます。その人にとって触れられたくない話題を口にしたとき、その人が嫌な顔をしたら、話すのをやめるでしょう。でも、文字だけのつきあいだと、それがわからないのです。そして言葉で互いに傷つけあうのです。

一昨日から3回シリーズで朝日新聞にネット依存症のことが取り上げられていました。

LINEでのやり取りがやめられなくて、お風呂にも入らず、睡眠時間も削っている人たちがいるそうです。やめたら仲間外れにされる、悪口を書かれるかもしれないとそんな恐怖があってやめられないのです。
オンラインゲームについてはよくわかりませんが、連日20時間もゲームをし続けた中学生がいるそうです。学校で居場所がなくて、ゲームの世界で居場所を見つけてしまったのかもしれません。ゲームが現実を忘れてしまうほどおもしろく、魅力的なのでしょうね。自分がどれだけの時間をネットに費やしているか自覚していないのでしょう。

ネット依存専門のクリニックへ行き、ネットをつなげていた時間の記録をつけさせて、こんなに長い間ネットにはまっていたことを自覚させることが大切なのだそうです。
しかし、親がクリニックへ連れて行こうとしても中高生が素直に従うでしょうか。

親子で話し合う。ルールを作る。などの解決策があげられていましたが、すっかりはまってしまった子どもに対しては難しいかもしれません。

膨大な時間をネットに費やしている子どもたちのことを思うと、健全な魂が何かに吸い取られていってしまっているような気がします。現実の世界での素朴な時間の中に楽しみを見つけさせたい。人間本来の造られた目的を知らせ、生きる喜びを味わってもらいたいと思わずにはいられません。


今日はこれから子ども家庭集会に出かけます。小学生と素朴なゲーム(ネットではありません)をして楽しんできます。

報告が遅れましたが10日に日本クリスチャン・ペンクラブのHP更新しました。

posted by 土筆文香 at 12:10| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。