2013年09月11日

だれを恐れて生きる?

今日は、久しぶりの聖書輪読会でした。今日は我が家で行うことになり、水曜礼拝の後、メンバーの方々がお弁当を持って集まりました。
今月から12月までの水曜日、主人が仕事に出かけるようになったので、久しぶりに友人を招くことができて嬉しかったです。旧約聖書のレビ記がようやく終わり、民数記に入りました。ひとりで読むのには大変な箇所ですが、5人で輪読したのでしっかり頭に入りました。

日曜日のメッセージのことを書こうとして、忙しくてなかなか書けないでいました。ようやく時間が与えられました。


メッセージは出エジプト記1:15-22からでした。

イスラエルの民は、エジプトで奴隷とされて苦しんでいました。奴隷状態になった理由はいくつかありますが、ひとつはエジプトの王が、人数がどんどん増えていくイスラエル人に抱いた恐れでした。

王は苦役でイスラエルの民を苦しめましたが、苦しめれば苦しめるほどますます増え広がりました。
王はさらに恐ろしい命令を出しました。
それは助産婦に向けられた命令で、イスラエルの民の生んだ赤ん坊が男の子だったら殺せというものでした。

神を恐れたシフラとプアというふたりの助産婦は王の命令に従いませんでした。
シフラとは、美しいという意味で、プアとは香り豊かな花という意味があります。
王にとがめられたとき、シフラとプアは言いました。
「へブル人の女はエジプト人の女と違って活力があるので、助産婦が行く前に産んでしまうのです(出エジプト1:19)」

その言い訳が通ったところがすごいと思いました。
神様は助産婦たちに勇気を与え、言い訳をする知恵を与えてくださいました。
20、21節には「神はこの助産婦たちによくしてくださった。それで、イスラエルの民は増え、非常に強くなった。助産婦たちは神を恐れたので、神は彼女たちの家を栄えさせた」と書かれています。

祝福が家に届く。

「礼拝を捧げているのが家族でひとりだけでも、祝福が家族に及んでいきます」
と牧師先生が言われるのを聞いて涙が出ました。

ちょうどその日は息子一家が来ていましたが、教会へ行ったのはわたしひとりでした。
めぐみ教会ではクリスチャンホームが多く、その日わたしの席の周りは家族そろって礼拝を捧げている人たちばかりだったのです。
家族でわたしひとりだけ恵まれても……と思ってちょっと落ち込んでいたのです。タイムリーに慰めが与えられました。


エジプトの王はその後、イスラエルのすべての男の子を殺すように命じますが、モーセのいのちは神の守りによって助けられます。モーセは後にイスラエルをエジプトから救い出すリーダーとなるのです。


「人への恐れ」は滅びと死に至ります。
「神への恐れ」はいのちにつながります。

だれを恐れて生きるべきなのでしょうか。神を恐れて生きるとき、神様が働いてくださると思いました。

posted by 土筆文香 at 20:59| ハテナシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

きらい、きらい、だいきらい

自分を好きになれない人へのメッセージを詩に書きました。



きらい、きらい、だいきらい

きらい、きらい、だいきらい
自分を無視したあの子も
話を聞かない先生も
だい、だい、だい、だい、だいきらい
いちばんきらいなのは自分
外見もいや、ひねくれた性格もいや
どうして生まれてきたのかな

好きよ、好きよ、大好きよ
あなたの髪の毛一本も
そしてあなたの性格も
だい、だい、だい、だい、大好きよ
そのままのあなた
生まれてくれてありがとう 
生きててくれてありがとう

posted by 土筆文香 at 12:39| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

前向きでなくても、がんばらなくてもいい

昨日の夕方ふとテレビをつけるとNHKで「いのちの話をしよう〜助産師・小林寿子さんのメッセージ〜」という番組が放送されていました。(関西放送で放送された番組の再放送です)用事があって最後まで見られず、一部を見ただけでしたが、色々なことを考えさせられました。

9人の子どもの母親である助産師、小林寿子さんが、子育て中の母親の質問に答えておられました。
「子どもが幼い時に父親が死んでしまった。子どもは赤ちゃんのころにもどりたい。そうすればお父さんに会えるからと言っているけど、どう対応したらよいか」という質問でした。

小林さんは「夫を亡くした悲しみは体験していないので十分理解できないかもしれないけれど……」と前置きされて、子どもの発想を否定しないように。赤ちゃんにもどればお父さんに会えるという発想はすばらしいと受け止めるように。
何でも前向きでなくてはならない。がんばらなくてはならないと思わないようにというようなことを言っておられました。
なんと愛のあることば、的確なアドヴァイスなのだろうと心打たれました。

スポーツ選手へのインタビューを聞いていると、「これからも前向きにがんばります」と言っている選手が多いです。「前向き」という言葉。「がんばる」と言う言葉は日本人が好きな言葉ですね。自分の力でがんばって努力して何かを勝ち取ることが人生の目的のように思っている人も多いです。

でも、辛いことがあって前向きになれないときがあり、がんばりたくてもがんばれないことがあります。むしろずっとがんばっているのにさらにがんばれと言われると身が持たなくなりますね。この母親は『がんばらなくてはならないと思わないように』と言ってもらえて、どんなに気が楽になったことでしょう。


その後、番組では通信制高校の生徒に向けた「命の授業」の様子が紹介されていました。
授業の前にあらかじめ高校生にアンケートを配っていました。「自分の好きなところはどこですか」「嫌いなところは」という質問には「好きなところはない」「自分の全部が嫌い」などと書いている子どもがいました。

「わたしのことを父親と母親が勝手に生んだ」
という女子高生は、その表情に『生まれたいと望んだわけじゃないのに……』という気持ちが現れていました。

「いのちってなんだろう?」
「いのちってなぜ大切なんだろう?」
の答えはまだ出ていませんと、小林さんは言われます。

それは、いのちが神様によって造られたことを語らない限り、答えが出ないのです。
生命がつくられるとき、精子と卵子が偶然のように結合してできたように思えるかもしれませんが、実は偶然ではなく必然なのです。そこに見えざる神の手があり、いのちは創造者である神の手によって造られたのです。

いのちがなぜ大切かは、造られた方が大切にしておられるからです。
ほかの人のいのちがなぜ大切なのかは、神様はその人のいのちも大切にしておられるからです。

posted by 土筆文香 at 16:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

獄中で生んだわが子

「オネシモ物語(パトリシア・M・セントジョン著)」を読んだのは30年以上前のことです。中高生向けの本でしたが、夢中で一気に読み、涙が止まらなくなりました。読んだ後、それが聖書に基づく小説だとわかって、新約聖書「ピレモンへの手紙」初めて読むような気持で読みました。

それ以来、「ピレモンの手紙」はわたしにとって特別なものになりました。章がなく、2ページほどの長さの手紙文ですが、筆者パウロのオネシモを愛する思いが伝わってきます。

昨日の礼拝ではN教会のS先生が「ピレモンへの手紙」からメッセージしてくださいました。
オネシモとは、ピレモンの奴隷の名です。オネシモは盗みを働いてピレモンの家から逃亡し、ローマに隠れました。

オシモは行き詰って、当時ローマで獄中にいたパウロを訪ねました。オネシモはピレモンの家で働いていたとき、パウロの説教を聞いていたのでしょう。ご主人のピレモンはパウロの説教を聞いてクリスチャンになっていました。
オネシモはパウロのことを思い出して、獄を訪れました。オネシモはパウロにより、キリスト・イエスを信じました。パウロはオネシモのことを「獄中で生んだわが子」と書いています。

パウロはピレモンに、オネシモをピレモンのところに送り返すから、兄弟として迎え入れてくださいと頼んでいます。
当時、逃亡した奴隷がみつかったら死刑になるのが当たり前の時代でした。
そういう中にあって、奴隷としてではなく、愛する兄弟として自発的に受け入れてほしいというのです。そして、オネシモから損害を受けたなら、その請求はわたしにしてくださいとまで書いています。

パウロは手紙を書くとき、ほとんど口述でほかの人が書いていたそうですが、この手紙は自筆です。それだけ思いが深いということでしょう。

ピレモンはどう思ったでしょう。受け入れるのに葛藤はなかったのでしょうか……。
「ピレモンへの手紙」には書かれていませんが、その後、オネシモは教会の有力な人となったという記録が残っているそうなので、受け入れられたことがわかります。オネシモとは「有益」という意味なのだそうです。

人を無条件で愛することは難しいです。愛し難い人はたくさんいます。簡単に人を赦すことはできません。愛することもできません。


かつてわたしは神様から逃げて教会から離れていたことがありました。まるで逃亡するオネシモのようでした。もう赦されることはないと思って教会へ行ったら、すでに赦されていることを知ったのでした。

愛を受けたのだから、愛する者へ。赦されたのだから、赦す者へなれるのです。不可能を可能にするのは神様の愛です。
posted by 土筆文香 at 11:41| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。