2013年09月26日

7年目の卒業式

日本クリスチャン・ペンクラブ関東では、1年おきに本を出版しています。同じテーマで会員の書いたあかし文章を掲載するのです。字数も決まっていて400字のものと1200字のものがあります。
1200字はそれほど苦労しないで書けますが、短編より長編が向いているわたしにとって400字を書くのは大変なことです。書いては消し、書いては消して、しまいには肝心なことまで消し、何を書いているのかわからなくなってしまうこともあります。

来年出版される本に掲載する400字のテーマは春・夏・秋・冬です。
今、秋のエッセイに取り組んでいて、明後日の例会に持っていくために先ほどまで最後の推敲をしていました。
今日は春のエッセイを紹介させていただきます。


          7年目の卒業式                   
                                土筆文香

 黒いガウンを身にまとい、角帽をかぶった私は、卒業証書を受け取っていた。
 乳癌を患ったとき、生かされている時間は限られていると、当たり前のことを自覚した。

 それまで神様から与えられた時間をなんと無駄にしていたのだろうと思った。
 自由に使える時間を神様に捧げたいと思い、お茶の水聖書学院に入学した。通信の学びは神様の恵みを受ける祝福の場となった。  
 
 難しいと思っていた旧約聖書にはイエス様を示す言葉や出来事がたくさん書かれていた。反逆の民イスラエルは、神様から心が離れていた自分のことだと思った。神様に背を向けて歩んでいた私をじっと忍耐して待って下さった神様。
ホセアが裏切った妻ゴメルを赦したように神様は私のことも赦し、戻って来るのをじっと待っていて下さったのだ。

 夢中で学んでいるうちに単位が満たされ、2013年の春、7年目にして卒業式の日を迎えた。神様が成し遂げさせて下さったのだ。



明後日のJCP例会では「最近の私とあかし文章道」という題でお証をすることになっています。
posted by 土筆文香 at 16:28| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。