2013年10月03日

10年目の検査

昨日、病院へ行ってきました。1週間前、乳癌の術後検査を受け、その結果を聞きに行ったのです。

主治医が転任され、別の先生に診てもらうことになりました。3人目の医師です。

昨年の6月に検査を受けて以来の外科です。年に1度の検査でよくなったので、本当は今年の6月に受けなくてはならなかったのですが、延ばして秋に検査を受け、それで最終にしようと勝手に決めていました。

今年の12月で術後10年になるのです。

「あっという間でしょう」と人から言われますが、わたしとしては、ようやくという気持ちです。とにかくこれで結果が良ければ、もう検査は受けなくていいのだと、思っていました。

診察室に入って最初に先生が口を開くまでの時間(1分弱だと思います)がとほうもなく長く感じらます。そのときの緊張は何年たっても変わりません。

「異常なしですね」と言われてほっと胸をなでおろしました。

「それでは一年後にまた来てください」と言われたので、「12月で10年になるのですけれど……」と言うと、「胃癌などは5年たてばほとんど再発はありませんが、あなたの場合は10年たっても再発転移の可能性があるので、まだまだ検査を受けないとだめです」と言われました。

「いつまでですか?」と尋ねると、答えは「きりがない」でした。
つまり、わたしの乳癌のタイプは何年たっても再発転移することがあり、完治はないというのです。

10年目の検査の後に再発した方の話を聞いていますし、20年は気をつけないといけないことも知っていたのですが、「きりがない」と聞いてがっかりしました。

喘息も完治はないと言われていて3か月に1度内科に通っていますが、乳癌からも卒業できないと知って気が重くなりました。そのうえ、通院している病院がもうすぐ自転車では行けない遠方に移転してしまうのです。

完治しないということは、いつも死を意識しながら生きざるを得ないということです。それは神様の配剤だと思いました。
いま、置かれた場所は不安定で、決して心地よい場所とはいえません。だからこそ、神さまをしっかり見つめて生きるようになれる場所です。

もう再発転移することはないと言われたら、安心しきって神様から目をそらしてしまうかもしれません。

まず、いま異常がなかったことを感謝します。先のことはわかりません。先のことは神様にお任せして、心配しないことにします。
限られた時間を生かされていることを意識しながら使命を果たしていければと思っています。


posted by 土筆文香 at 17:47| 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。