2013年10月10日

「助けてください」と言ったら

教会学校小学科のクリスマス会でわたしの童話を劇にして子どもたちが演じることになりました。クリスマス向けに書いた童話ではないのですが、夏休みの特別プログラムのとき、ジョイクラブ(教会学校が終わってからお昼までの時間に行われている小学生の活動)に参加しない子どもたちに向けて創作童話の紙芝居をしました。

それを見た低学年主任の先生が、クリスマス会にぜひと思われたそうです。
クリスマス会のミーティングでそのことを聞き、嬉しいと同時に大変なことになったと思いました。

脚本化するのはわたしです。童話を書くよりずっと大変な作業です。
低学年の40人の子どもたちが、ひとりひとこと以上セリフを言うように作ろうとしています。
演出も考えながら何度も何度も書き直しています。

劇として成功させることが目的ではありません。それを演じる子どもたちが、イエス様のことを感謝して、心が喜びでいっぱいになって輝くこと。子どもたちの演技を見た人たちがイエス様を心から喜ぶようになることが目的です。

けれども脚本を書くのは、わたしの能力の超えたことです。
「神様、助けてください。力を与えてください。」と必死に祈っています。


ちょうどそのような折、詩編91篇からの礼拝メッセージを聞いて励まされました。
「助けてください」と神様に祈るとき、必ず神様は助けてくださるという確信を与えられたのです。
目に見えた変化が起こらなくても神様はすでに助けのみ手を差し伸べてくださっていることを感じました。

詩編91編の一部を抜粋します。


(91:1-2)
いと高き方の隠れ場に住む者は、
全能者の陰に宿る。
私は主に申し上げよう。
「わが避けどころ、わがとりで、
私の信頼するわが神」と。

(91:4)
主はご自分の羽で、あなたをおおわれる。
あなたは、その翼の下に身を避ける。
主の真実は、大盾であり、とりでである

(91:14)
彼が私を愛しているから、
わたしは彼を助け出そう。
彼がわたしの名を知っているから、
わたしは彼を高く上げよう。


この詩編の筆者は、最初は自分のことを「私」と書いていますが、3節以降「あなた」になり、14節では「彼」になります。
「神を呼び求めていると視点が変化する」と牧師先生が言われましたが、どういう意味なのかなあと思いました。

以下は、自分の考えなので、間違っているかもしれません。

私→あなた→彼

となっているのは、自分がだんだん小さくなってきているようです。
神に祈っているうち信頼が深まり、「私」という自我が砕かれていったのでは……と思います。最初は自分の視点から書いていたのですが、二人称の視点、三人称の視点から書くように変化しています。
14節以降は「わたし」すなわち神さまが主語になっています。

*新改訳聖書では、ひらかなの『わたし』は、旧約では、神様に対して。新約では、イエスに対して用いられています。漢字の『私』は人に用いられています。

書いているうちに神様のみ心が示され、神に導かれて書いたのではないかなと想像しました。



(91:15)
彼が、わたしを呼び求めれば、
わたしは、彼に答えよう。
わたしは苦しみのときに彼とともにいて、
彼を救い彼に誉を与えよう。
わたしは、彼を長いのちで満ち足らせ、
わたしの救いを彼に見せよう。


呼び求めれば答えてくださる神様に感謝!
posted by 土筆文香 at 16:28| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。