2014年04月12日

すばらしい宝物

今日は子ども家庭集会でした。月に一度、土曜日の午後に教会学校に来ているMちゃんの家に友達が集まってきます。I先生とわたし、ときには落語をしてくださる長老、教会学校の若い先生も訪れます。ゲームをしたり、聖書のお話を聞き、賛美をして楽しい時間を過ごしています。ゲームというのはテレビゲームではありません。ピンポン玉やペットボトル、トランプ、ハンカチなどを使ってする集団ゲームです。毎回考えて準備していきます。

子ども家庭集会はふだん教会学校に来ていない子どももやってきます。

今日はわたしがお話をしました。「すばらしい真珠を見つけた人(高見澤潤子著)教文館」という絵本を読みました。その絵本はイエス様のたとえ話をもとに書かれています。商人がすばらしい真珠を捜して旅をし、みつかったとき、全財産を売り払って真珠を手に入れたという内容です。

絵本を読んだあとで以下のようなお話をしました。

あなたは宝物を持っていますか? どんな宝物ですか?
このお話は、イエス様のたとえばなしです。イエス様は神様のこと、神様の国のことを人々に話すとき、わかりやすいようにたとえ話をされました。
財産すべてを投げ打ってでも手に入れたかった真珠とは何のことでしょう……。

わたしたちの心には罪があります。罪とは嘘をついたり、友達に意地悪してしまったり、あんな人いなくなればいいのにと心の中で思ったりすることです。罪をなくしたいと思っても、自分の力ではなくすことはできません。このままでは罪のために滅びてしまいます。

でも、神様はご自分のひとり子を地上に生まれさせてくださいました。それがイエス様です。イエス様を信じれば罪が赦されるのです。

どうして信じるだけで罪赦されるかというと、イエス様が十字架にかかってくださったからです。わたしたちの罪に対する罰をわたしたちに代わって受けてくださったのです。

イエス様は十字架で死にました。でも、三日目に墓の中からよみがえりました。
十字架のおかげで、わたしたちはイエス様を信じるだけで神のみ国でずっと神様と一緒に過ごすことができるようになりました。

それが宝です。イエス様はこんなすばらしい宝をくださいました。
この宝をいだたいているわたしたちは、どんなにすばらしい真珠や金銀宝石などよりも価値のあるものを持っているのです。


お話の後、「ぼくの宝物」を賛美しました
歌詞を紹介します
     
ぼくの宝物

イエス様がくれた このくちびるで
イエス様を賛美しよう
今日も注がれる 限りない愛
心から感謝ささげよう
ぼくの宝物はイエス様を知ったこと
イエス様と一緒に生きること
わたしの宝物はイエス様を知ったこと
イエス様と一緒に生きること


イエス様と出会ったことがわたしの宝物です。ほかのものは何もいりません。イエス様という宝が与えられているすばらしさに感動し続けています。この思いが子どもたちに伝わったでしょうか。

聖書の言葉
「それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。 (ピリピ3:8)」 

posted by 土筆文香 at 20:54| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。