2014年05月12日

大いなるしかし

昨日は洗礼礼拝でした。3人の方が洗礼を受けました。
メッセージはイエス様が十字架につけられ、息を引きとられる前に言われた言葉の意味について語られました。

イエス様は「エリ、エリ、レマ、サバクタニ(わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか。の意)(マタイ27:46)」と叫ばれました。

この言葉は難題聖書箇所と言われているところで、色々な解釈がなされています。

「イエス様が何のために世に来てくださったかを考えると、本当の意味がわかってきます。」と牧師先生が言われました。

イエス様は罪人であるわたしたちのために身代わりとなって罰を受けるために来てくださいました。
わたしたち人間は、良いことをしたくてもできず、悪いことをすると隠します。生まれながらの罪人です。

この罪によって、神様から永遠の刑罰を受けることになっていました。
へブル9:27には「そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように」と書かれています。

人は皆、神の裁きの座に立たされます。そして、すべての人が有罪になります。
有罪判決を受けたら「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と叫ぶしかなくなります。

ところが、イエス様はわたしたちが受ける裁きをわたしたちに代わって受けてくださいました。「わが神……」と叫ばなくてはならないほどの苦しみを味わってくださいました。
おかげで私たちは、「わが神……」と絶叫する必要がないのです。

「私たちもみな、かつては不従順の子らの中にあって(略)生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かしーーあなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。ーー(エペソ2:3-5)」

このしかし大いなるしかしというのだそうです。

「信じた私たちは安息にはいるのです。(へブル4:3)」これを救いといいます。

イエス様のしてくださったことを信じるだけで救われます。

ただ恵みにより救いにあずかったのですから感謝ですね。
イエス様のしてくださったことの大きさを改めて知らされて心があつくなりました。
posted by 土筆文香 at 21:55| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。