2009年11月07日

かみさまのカリス

ブログタイトルをカリスにしたのは、「神さまのカリス」という詩が用いられたことからきています。まず、詩をお読みください。

なぜ? どのように? 用いられたか。後日順に書いていきます。

神さまのカリス



神さまのカリス シャワーのように
わたしの上に 注がれる
顔を上げて 口をあけて 両手を上げて カリスを受ける
カリス カリス カリス 神さまの恵み
 わたしは いま 喜んでいる

神さまのカリス カリスのおかげで
わたしは生きる
当たり前ではないんだね
息ができる 食事できる おしゃべりができる 賛美もできる
 カリス カリス カリス 神さまの恵み
 わたしは いま 生かされている

神さまをうらみ ひとをうらんで
生きてきたのに イエスさまは
むちを打たれ くぎをさされ 血を流された わたしのために
 カリス カリス カリス 神さまの恵み
 わたしは いま ゆるされている

神さまのカリス 雨のように
わたしの上に 降り注ぐ
心をつくし 思いをつくし 力をつくして 主を愛したい
 カリス カリス カリス 神さまの恵み
 わたしは いま 愛されている
posted by 土筆文香 at 15:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。