2013年06月28日

ぼくは誰なの


アイデンティティーをテーマとした童話を書いています。主人公の気持ちで詩を書きました。



             ぼくは誰なの
ぼくは誰なの
町中にあふれている大勢の人
ぼくは、その中のひとり
ぼくがいなくなっても世界が変わるわけじゃない

ぼくは誰なの
空気よめないヤツ
間の悪いヤツ
仲間からは、そんなふうに言われてる

ぼくは誰なの
役に立たないヤツ
いないほうがいいヤツ
消えられるものなら消えてしまいたい

ぼくは誰なの
君は君だよ
誰が何と言おうとも
君がいなくちゃ困るんだ

君は君だよ
世界でたったひとりの
大切な、大切な、君だよ

posted by 土筆文香 at 21:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。