2013年07月29日

たったひとつの小石

26日、27日、教会学校低学年(小1〜3年)の夏期キャンプが教会で行われました。今年は去年より少なく28名の子どもたちが参加しました。
「輝いて生きる」がテーマで3回の礼拝と水遊び、キャンプファイヤー、オリエンテーリングと盛りだくさんのプログラムでした。

去年わたしは体調がおもわしくなかったので泊まらず、1日目の夕方に帰宅して、翌日朝に再び加わりました。今年は去年よりは調子がいいので泊まることにしました。
子どもたちが眠った後、12時ぐらいまでミーティングがありました。ミーティングの後、目が冴えて眠れず、朝は4時過ぎに目覚めてしまったのでほとんど眠れませんでしたが、なんとか2日間体が持ちこたえられました。
去年は夜の集会にも出ず、うしろめたい思いを抱えながら帰宅したのですが、今年はまる2日間参加できたことを感謝しました。

1日目は教会のバス2台で霞ヶ浦のほとりにある霞ヶ浦ふれあいランドに行きました。科学館を見学した後お弁当を食べ、芝生で水鉄砲遊びをしました。

水鉄砲で紙コップのタコとイカに当てて落とし、さらに半紙でつりさげられた月、星、太陽も落とすというゲームです。グループで競ったので盛り上がりました。
先生たちをターゲットに水鉄砲を打つという遊びをすると、子どもたちはキャーキャーと大喜びです。若い先生たちはTシャツもズボンも絞れるぐらいびしょ濡れになっていました。

夕食のカレーをいただいてから、夜の集会で聖書のお話を聞き、キャンプファイアーをしました。教会でキャンプファイアーを行ったのは4年ぶりです。

生きているようにゆらめく炎を見ながら、天と地とすべてのものを造られた神様のことを思いめぐらしました。
少年ダビデが、たったひとつの小石で巨人ゴリアテを倒したというメッセージを聞いた感想を子どもたちに尋ねていました。3年生の子どもが、「ダビデが小石だけでゴリアテを倒せたのは、神様が一緒にいてくださったからだと思った」と言ったので驚きました。的を得た発言でした。

「わたしたちに与えられているのは、たったひとつの小石のようなものです。それを神様のために用いるとき、神様が力をくださってどんなことでもできるのです」
というI先生のメッセージをしっかりと受け止めていることがわかり、心打たれました。

わたしに与えられているものも小さな小さな小石です。何もできないとポケットにしまっていては小石をくださった神様に喜ばれません。わたしと小石だけでは、本当に何もできないのです。でも、神様とわたしと小石ならどんなことでもできるのだなあと思いました。

翌日は楽しいオリエンテーリング。天気はよくなかったのですが、室内で行うときには雨が降り、屋外に出ると雨がやんで、昼食の流しソーメンも外でできました。


キャンプ最後の集会で、子どもたちが心から賛美しているようすを見て涙が出てきました。
『神様と一緒に輝こう!』と叫ぶ子ども達は、キラキラ輝いていました。

posted by 土筆文香 at 20:33| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。