2013年10月29日

足りないと思っていたけれど……

体力がなくて疲れやすいわたしは、多くのことができません。
それは子どものころからなのですが、試験勉強のために少し遅くまで起きていただけで翌日熱を出して学校を休む羽目になってしまうのでした。

午前中何かをしたら午後は休み、一日用事で出かけたら、次の日は半日横になっています。
2日続けて出かけたら、次の日は一日寝ています。昼間たくさん寝ても、夜は早く寝ないともちません。この間は4日間忙しい日が続いたので、回復するまで随分かかってしまいました。
そういうわけで、書きたいことはたくさんあったのですが、ブログ更新も滞っていました。

体力がないことを嘆いていた時期もありましたが、体力がないからこそできることもあると気づいてから、嘆くのをやめました。
でも、もう少し体力があったらなあ……と思っていたときに日曜日の聖餐礼拝で、主の食卓というメッセージをいただきました。メッセージを聞いて感じたことを書かせていただきますね。


新約聖書には、食事に関することが多く書かれています。
イエス様が最初の奇跡を行ったのは、カナという町で結婚式に出席されているときでした。ぶどう酒がなくなって、イエス様が水をぶどう酒に代えるという奇跡を起こされましたが、そのとき、食卓にはぶどう酒だけでなく、ご馳走が並んでいたことでしょう。

イエス様が取税人レビを弟子にしたときは、レビの家に招かれて共に食事をしています。
「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです(マルコ2:17)」と、大切なことを語られたのは食事の席でのことでした。

女の子を生き返らせる奇跡を行ったとき、イエス様は女の子に食事をさせるようにおっしゃっています。

イエス様が大勢の群衆に語っていると、夕方になってしまいました。そのとき弟子たちは、人々を解散させてそれぞれが食べ物を買いに行かせてくださいと言いましたが、イエス様は、5つのパンと2匹の魚を増やし、5千人もの人たちが満腹する食べ物を与えてくださいました。

「食事は肉体の養いだけではなく、全人格的養いのために必要です」と牧師先生が言われました。
 
復活されたイエス様が、ガリラヤ湖のほとりで弟子たちの前に姿をみせたときも食事とつながっていました。
そのとき弟子たちはすでに復活のイエス様に2度ほど出会っていました。

弟子たちはガリラヤ湖に行って、もとの漁師の仕事をしていました。ペテロはどんな気持ちだったのでしょう。主の復活は喜んでいたはずですが、心の中では主を裏切ってしまったという、うしろめたい思いでいっぱいだったような気がします。
ペテロはイエス様が捕えられたとき、恐ろしくてイエス様のことを知らないと3度も言ってしまったのでした。そのとき鶏が鳴き、イエス様の言葉を思い出して激しく泣いたのでしたね。

魚が一匹もとれなくてがっかりしている弟子たちに、復活のイエス様が岸に立って言われました。「子どもたちよ。食べるものがありませんね」そして、船の右側に網を降ろすように言われ、弟子たちがその通りにするとたくさんの魚が網にかかったのです。

弟子たちは、最初に弟子として召されたときと同じような奇跡が起きたので、きっとそのときのことを思い出したでしょう。イエス様は弟子たちに新たに使命を与え、再び召してくださったのですね。

イエス様は、弟子たちにお説教するのではなく、炭火と魚とパンで朝食の準備をされました。

イエス様は、あり余るほど豊かな食べ物を与えてくださいました。(魚は大きなもので、数匹で十分でしたが153匹も与えられたのです)

「わたしたちも、よみがえりの主により、ふるまわれ、養われている」
と聞いて、食べ物だけでなく、必要なものはすべて豊かに与えられていることに気づきました。
足りないと思っていた体力もじゅうぶん与えられていたのでした。
posted by 土筆文香 at 21:18| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。