2014年02月04日

終わりのない冬はない

昨日はとても暖かだったのに、真冬の寒さに逆戻りです。朝から降っていた雨が、午後になって雪になりました。

今日は内科と婦人科通院の日だったので、病院まで歩いていきました。
いつもは自転車です。自転車で20分ぐらいかかるので歩いたら1時間ぐらいかなと思っていたら40分で着きました。早足でこれだけ歩くとホカホカ暖かくなります。ちょうどいい運動になりました。(元気な患者です)
 
日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)では、春・夏・秋・冬について400字エッセイを書いています。わたしが書いた「冬」のエッセイを紹介します。

****************
              
終わりのない冬はない

        
中2の毎日は終わりのない冬のようだった。 
いちばん辛かったのは、20分の昼休み。友達のいない私には居場所がなかった。ひとりでいるところを誰にも見られたくなかったので、図書室に行ったり、校舎の周りを歩いたりしてチャイムの鳴るのを待った。

3人連れのクラスメートに何度も行き会って恥ずかしくなり、トイレに籠った。
「長いな。誰が入ってるんやろ」
 
ふいに外から声がした。出るに出られない。どうしようと思ったとき、チャイムが鳴った。

その後、空想することで人目を気にせず時間を過ごせるようになった。ストーリーが生まれた。書き留めたら原稿用紙130枚にもなった。作家になろうと決心した。

このことが私に生きる意欲を与えた。作家になるために本嫌いだった私が片端から本を読み始めた。
その後、一冊の本をきっかけとしてキリストと出会った。本嫌いのままだったら出会えなかっただろう。終わりのない冬はない。


*******************
人生の冬というと、老年期を思う人が多いかもしれません。でも、わたしにとって冬は中学2年のときです。関東から関西の学校へ転校して、なかなかなじめませんでした。精神的な苦しみに加えて喘息の苦しみがありました。
クラスでひとりも友達がいないということでつらい日々を過ごしていました。

担任の先生に呼び出されて「校舎の周りをひとりで歩いているんやて。友達作らなあかんで」としかられました。
引っ込み思案のわたしは、常に受け身で、自分から人に声をかけることがありませんでした。それまでは誰かが声をかけてくれて、少ないながらも友達がいたのです。ところが、中学2年になったとき、誰からも声をかけられず、かといって自分から声をかけることができず、孤立してしまいました。

どれだけ友達が欲しいと思ったことでしょう。それなのに先生から『作らなあかん』と言われるなんて……。
そのようなとき、空想するようになりました。現実逃避だったのかもしれません。空想の中ではたくさんの友達がいました。ストーリーが生まれ、おもしろくてたまらなくなり、書き留めることを思いつきました。

つらい冬の時期があったからこそ、発見できたのだと思います。

書くことで自分の存在を確かめることができ、書くことによって生きる喜びを見出していったのです。それは神様からのプレゼントです。
キリストと出会ったのは、それから8年も後のことです。きっかけになった本は、三浦綾子の「あさっての風」です。
posted by 土筆文香 at 21:19| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。