2014年05月08日

宇宙の意志

連休に息子一家が来ました。ヒックンの弟、ナルクンは生後一か月になり、我が家を初めて訪れました。一か月で1キロ近く体重が増え、目で動く物を追うようになっていました。ヒックンは、ナルクンにほっぺをすりよせてかわいがっています。
「早く遊べるようになればいいな」と言っていますが……。

友人に勧められて「生命の暗号」村上和雄著 サンマーク出版を読みました。
興味深く読ませていただきました。筆者の村上先生は遺伝子工学の世界的権威者です。
人間は約60兆という数の細胞から成り立っていて、その細胞のひとつひとつに約30億の遺伝情報がしまいこまれているそうです。

遺伝子にはオン、オフの作用があって、よい遺伝子をオンにし、悪い遺伝子をオフにすれば、人は変われるのだそうです。確かに潜在能力というものがあって、自分では気づかない能力を発揮させることは可能だと思います。

「今、人類はその全知能をかけて遺伝子を読み取ろうとしている。私は、遺伝子の暗号を読んでいて、その精緻な働きに驚嘆した。しかし、もっとすごいことに気がついた。それは暗号を書いたものが存在するということだ!」著者はその存在をサムシング・グレートと呼んでいます。

科学を極めようとすると、必ず理論的に解明できない部分が出てくるといわれています。
世界の始まりはビッグバンといわれていますが、ビッグバンの最初の3分間がわからないと宇宙物理学者の先生がおっしゃっているそうです。
ビッグバンの最初の一瞬に何が起こったのかわからないというのです。爆発のタイミングがほんのわずかでも狂っていれば、いまの宇宙、地球、生命はあり得ないというのです。
「偶然ではなく宇宙の意志を感じる」と言われたそうです。

「宇宙と遺伝子は意味ある相似形を描いている。体外宇宙と体内宇宙は呼応しながらつながっており、その起源も同じ。ある同一の意思から発せられたのではないか。その意志を発した主体こそが宇宙の生命のみなもとであるサムシング・グレートである。」と書かれています。

わたしは、そのことに驚きません。なぜなら、この世界を造ったお方は創造主なる神で、そのお方はわたしたち人間を造ってくださったお方なのですから、当たり前のことです。

世界の始まりに爆発が起きたかどうかわかりませんが、3分間の謎は、聖書の創世記の記事によって解き明かされる時がくると思います。
聖書には神は6日かけて天地を造られたと書いていますが、この1日は24時間という意味ではありません。3分という時間も比喩的な意味であらわしていることは明らかです。

わたしが驚いたのは、遺伝子工学の先生や宇宙物理学者がサムシング・グレートの存在を認めていることです。それが聖書に書かれている神なのだと気づいてほしいです。

そういえば、ダーウィンやパスカルもクリスチャンでした。キリスト教信仰は科学と矛盾しないのです。
posted by 土筆文香 at 17:31| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。