2014年06月24日

原因さがし

今日は午前中から激しい雷雨がありました。都内では雹が降ったとか……。テレビではどうしてこんな天気になるのか一生懸命説明していましたが、穏やかな天気に変えることは出来ません。大自然の前に人は何もすることができませんね。


先日の礼拝メッセージは、先週の続きで使徒の働き28章から語られました。
誰かが不幸な目に遭うと、その人の行いが悪かったからじゃないかとか、その人の親が悪いことをしたのではないかと原因探しをする人がいます。不可抗力の事故に逢うと、バチがあたったのだという人がいます。
そんな声が聞こえてくると、二重に苦しむことになります。

2000年前も、そのようなことがありました。パウロたちは難船してようやくのことでマルタ島にたどりつきました。
火にあたっていると、マムシが這い出てきてパウロの手に取りつきました。それを見た島の人は、パウロが人殺しだからバチが当たったのだと考えました。

でも、パウロはパニックにならず、落ち着いて対処しました。そして、何の害も受けませんでした。
このことは、以前イエス様が言われた約束の成就といえます。
イエス様は「信じる人々には次のようなしるしが伴います。(マルコ16:17)」と言われ、「蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず……(マルコ16:18)」と約束してくださいました。 

今日こうして生きていることが神様の約束の成就だと聞いて、ジーンときました。乳がんの手術を受けてから11年。こんなに生きられるとは思いませんでした。家事ができ、食事ができ、教会へ行け、こうしてPCの前にすわっていられる幸いを感謝せずにはいられません。


イエス様の弟子たちも因果応報的な考えを持っていたようです。弟子たちは、生まれつきの盲人を見て尋ねました。
「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか」
イエスは答えられた。
「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。」(ヨハネ9:2-3)


『神のわざが現れるため』という答えに感動します。

不慮の事故、突然の病気、災難が起きると、パニックになってしまいます。
何も悪いことをしていないのになぜこんなことが起きるの? と理不尽さに腹を立てます。
でも、神のわざが現れるために起きたことだとしたら、不幸と思われる出来事も実は不幸ではなく、幸いな出来事になります。

渦中にいるときはわからなくても、後に「よかった」と思える日が必ず来ると、神様が約束してくださっているように思います。
「恐れず、神に信頼して歩むとき、神の確かな守りと支えを知るでしょう」という牧師先生の言葉に深くうなずきました。
posted by 土筆文香 at 21:09| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。