2014年07月05日

いちばん大切なものは?

今日は子ども家庭集会でMちゃんの家へいってきました。

子ども家庭集会では、身近なものを使ってゲームをしたり、聖書のお話しをし、賛美をします。今日は7人の小学生が集まりました。
お話はわたしが担当させていただきました。

聖書のたとえ話の絵本「おろかな金持ち」を読んでからメッセージをしました。
たくさんの財産、穀物を持っている金持ちが、蔵を建て、これで安心だと思った日に死んでしまったというストーリーです。

絵本を読んだ後、次のような話をしました。

「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。ルカ12:15」と言ってからイエス様はこのたとえ話をされました。

貪欲とはなんでしょう。この「おろかな金持ち」のようにものすごく欲ばりという意味です。

この人のどこが間違っていると思いますか?
この愚かな金持ちが得た〈穀物や財産〉は、もともとは神さまのもので、何かの目的のために彼に管理するように任せられていることを忘れていました。

また、自分の安全を保証してくれるのは、神様以外にはないことを忘れ、〈穀物や財産〉が守ってくれるのだと思い〈さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ〉と言いました。

それでは、イエス様は私たちがお金持ちになってはいけないといっているのでしょうか。いいえ、違います。お金が神様より大切になったり、お金を集めることだけが生きる目的になってはいけないと言っておられるのです。
あなたは「神様よりも大切にしているもの」がありますか?

お金でなくても、どんなものでも神様より大切にしているものがあるのなら、この愚かな金持ちと同じ生き方をしているといえます。
このたとえ話をした後に、イエス様は「自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです」(ルカ12:21)と言われました。
〈神の前に富まない〉とは、神に繋がっていないということです。

それでは、神様はわたしたちにどのような生き方を望んでおられるのでしょう。
神様に繋がって神様を第一にして生きることを望んでおられます。

「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。(詩篇1:2-3)」  

このみことばの賛美をしました。


わたしもこのおろかな金持ちと同じでした。

以前わたしは、健康が一番大切だと思っていました。体が弱かったので、じょうぶになる方法はないかといろいろな健康法を試していました。体に良いものを食べ、サプリメントを飲み、週に2回スイミング教室に通いました。

元気でなければ教会の奉仕もたくさんできないと思い、まず健康になることを目標にしていました。
ところが、スイミング教室に通ってちょうど10年経ったとき、乳癌になりました。体にいいことばかりやっていたのに……とショックでした。

そのとき、健康になることを目的として生きていたことが間違えだとわかりました。弱く生まれたのは、神様が何らかの目的のためにそうしてくださったのです。

もちろん健康になることをめざし、体に気を付けることは悪いことではありません。
ただ、頭の中がそのことでいっぱいで、神様を第一にしていなかったことが間違えだったのです。
弱いからできることがあることに気づきました。弱いままでいいのだと思えました。
posted by 土筆文香 at 21:15| ハテナシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。