2014年07月08日

存在を認められて

日曜日に息子一家がきました。生後3か月になるナルクンは、6.2キログラムになりました。生まれた時の体重の約2倍です。

きげんがいいときは、ひとりで寝かしていても「あーあー」と声を出しています。
抱くと、じっとこちらを見つめます。まだ人見知りはしません。話しかけると、こちらの口の動きをまねて声を出します。話しているつもりなのでしょう。

おなかがすいてくると、全身の力をこめて泣き出します。手足をバタバタしておっぱいをさがして叫びます。小さな体からよくこんな力が出ると驚きます。いのちの躍動を感じます。

ナルクンが泣きだすとお兄ちゃんのヒックンは、ナルクンのところへとんでいきます。最初はあやしていますが、どうしようもなくなると、ナルクンの泣き声をまねて声を出します。その声は、赤ん坊の泣き声の特徴を捉えてそっくりなので、双子の赤ちゃんがいるようです。

「ぼくは、ママとナルクンが大好きなんだけど、ママは誰が好き?」とたずねています。残念ながらパパは3番目のようです。
ママは「ヒックンとナルクンが大好きよ」と言いました。存在が認められ、愛されている子どもたちはなんと幸せなのでしょう。


朝日新聞に生まれてから17年間戸籍がなくて過ごした子どものことが取り上げられていました。生後何らかの理由で親に隠され、出生届が出されなかったため戸籍がなく、学校に通えず、社会から存在を認知されず育った子どもが少なからずいる事実を知って驚きました。
同年代の子どもがランドセルを背負って学校に行っているのを見ながら、公園で時間を過ごしていたといいます。父親がそうさせていたそうです。

それにしても、長い間友達もなく字も読めないまま過ごした日々、何を考えて育ったのでしょう。
近所の人も変だと思いつつ深入りをしなかったようです。
戸籍がないことがわかったとき、どれだけ傷ついたことでしょう。この世に存在してないことになっている者だと知ったときは「わたしは誰なの?」と叫び出したい気持ちだったでしょう。

たとい社会で認められていなくても、あなたを造られた神様が、あなたの存在を認めておられます。あなたのことを誰も知らなくても、神様が知っておられます。愛してくれる人が誰もいないと思っても、あなたは愛されている存在です。


聖書の言葉
「女が自分の乳飲み子を忘れようか、自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。見よ。わたしは手のひらにあなたを刻んだ。(イザヤ書49:15-16)」
posted by 土筆文香 at 16:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。