2014年07月22日

無駄にならない苦しみ、涙、痛み

これは16日に書こうと思っていたブログ記事です。
15日はレストランで家庭集会を行いました。オーナーがクリスチャンなので、周囲を気にすることなく(といっても貸切状態でしたが)賛美し、祈ることができました。
学びの後は、おいしいランチをいただいて、話に花が咲きました。


新約聖書マルコ6:35-44「5つのパンと2匹の魚の奇跡」から学びました。

イエス様の話を聞きにきた群衆は、男だけで5千人もいました。群衆を解散させてくださいという弟子たちに対してイエス様は、「あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい」と言われました。女、子どもも入れて1万人以上の人たちに食べさせるには200デナリ(労働者200日分の金額)も必要です。

弟子たちが困っていると、イエス様は「パンはどれぐらいありますか。行って見て来なさい。」と言われました。
そこにあったのは5つのパンと2匹の魚、たったこれだけでした。ヨハネ6:9には少年が持っていたものだと書かれています。

弟子たちは、こんな少しの食べ物が何の役に立つのだろうと思ったことでしょう。
弟子たちはこれまでイエス様が行ったたくさんの奇跡を見ていました。それなのにイエス様がどんなことでもできる方だということを忘れているのです。

イエス様が祈り、祝福してパンと魚を分けると、そこにいた群衆が皆満腹して、さらにパン切れを集めると12の籠いっぱいになったのです。

イエス様は、何もないところからパンと魚を出すこともできたのになぜ少年の持っていた5つのパンと2匹の魚を用いられたのでしょう……。

イエス様は人の目には無駄だと思えるものを用いてくださいます。

イエス様は、無駄なものを他の人をも生かす祝福と変えてくださいます。」とA先生が言われました。

「苦しみ、涙、痛みは無駄にならない」と聞いて慰められました。イエス様の目から見たら、無駄なものなどひとつもないのですね。
少年が自分の持っていたお弁当を差し出したように、イエス様はわたしたちの持っている物を差し出すことを求めておられます。

わたしの持っているものは少しです。何を差し出したらいいのでしょう。
与えられている時間を人のために使うこと、友のために祈ることも、イエス様に差し出すことになるのなら、喜んで捧げたいです。

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。(ローマ8:28)」
posted by 土筆文香 at 13:02| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。