2014年09月05日

赦すとは……

先日の水曜礼拝では「ヤコブの神」というテーマでメッセージを聞きました。
一時間以上に及ぶメッセージでした。ヤコブの生涯について語られたのですが、ヤコブの息子ヨセフのことにも触れ、『赦す』ということについて新たに教えられました。


ヨセフには11人の兄弟がいたのですが、父ヤコブに特別扱いされ、ヨセフだけそでつきの長服を着ていました。そのことで兄たちはヨセフを憎みました。

ヨセフは11の麦の束が自分におじぎをした夢、太陽と月、11の星が自分を伏し拝んだという夢をみます。それを兄たちに話をしたことで、兄たちはヨセフに殺意を抱くようになります。

ヨセフは兄たちの計らいによって、エジプトに売られてしまいます。父ヤコブには、動物の血をつけたヨセフの長服をみせて、獣に殺されたと話します。

ヨセフはエジプトで奴隷として働かされ、あらぬ嫌疑をかけられて牢屋に入れられますが、何年もたったあとで牢屋から出されます。

ヨセフはエジプトの王、パロの夢の意味を解いたため、エジプトの大臣になります。その後、パロのみた夢の通りエジプトの付近はひどいききんにおそわれますが、ヨセフのおかげでエジプトはききんのときにも食料が十分蓄えられていました。

そのうわさをきいて、ヨセフの兄弟たちが食料を買いにエジプトにやってきます。兄弟たちとひさしぶりに再会するのですが、兄たちは大臣がまさかヨセフだと思いません。ヨセフは涙をこらえて最初は知らないふりをしていました。

そして、とうとうこらえられなくなって、自分がヨセフであることをあかし、兄たちと涙の再会を果たすのです。
ヨセフは父ヤコブと兄たちとその家族をエジプトに招いて住まわせます。ヤコブが死んだとき、兄弟たちはヨセフが復讐するのではないかと恐れます。(創世記37章〜50章に書かれています)

そのときに言ったヨセフの言葉を紹介します。
「ヨセフは彼らに言った。『恐れることはありません。どうして私が神の代わりでしょうか。あなたがたは、私に悪を計らいましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。(創世記50:19-20)」

ヨセフ物語を読むと、ヨセフが兄たちを赦したことに心打たれます。なぜ赦せたのでしょう……。その理由を何年も探っていました。
父親に愛されて何不自由なく暮らしていたのに兄によってエジプトに売られてしまったこと。エジプトの地で辛い目に遭ったことなど思うと兄たちをすんなりと赦すことはできないと思ったのです。

ヨセフは、自分の心に留めておけばいいのに兄たちに夢の話をして憎しみを買うようなことをしてしまいました。その罪に気づき、兄たちのしたことは仕方のないことだと思ったから赦せたのかなと思っていました。でも、そうではなかったのです。


ヨセフは「あなたがたは、私に悪を計らいました」と言っているので、兄たちのやったことは悪いとみなしています。
赦すというのは、過去が悪くないというのではなく、過去の事実に神が新しい意味をくださったことを知ることなのだと教えていただきました。

兄たちがエジプトに売りとばしたことを、『神が遣わした』と捉えられたとき、赦すことができたのです。
ヨセフがこの心境になるまでには20年の年月が必要だったと聞いて、納得しました。

エジプトに売られた当初は、葛藤もあったでしょう。牢屋に入れられたときは、まじめに働いていたのになぜ?という思いもあったでしょう。でも、ヨセフはいつも神様を見上げていました。
牢屋にいるとき、ヨセフが献酌官の夢を解き明かし、献酌官が赦されて牢を出されたので、無実の罪で牢に入れられた自分のことを王に話すように頼みました。ヨセフはこれでようやく牢屋から出されると期待したことでしょう。

ところが献酌官は忘れてしまいました。いつまでたっても牢屋から出されないので、ヨセフは辛かったことでしょう。でも、神様の時を待っていました。

出されたのはパロが不思議な夢をみたときでした。パロの夢を解いたことで、ヨセフはエジプトの大臣になるのです。

牢から出される時が神の定めた時だと思わずにはいられなかったでしょう。そして、最初は憎んでいたかもしれない兄たちのことを赦せるようになったのは、ヨセフが兄たちがしたことすら神の計画の中にあったのだと気づいたからなのでしょう。
赦すには時間が必要なこと。意味の転換をして、「神様」を主語として考えることができたとき赦せるのだと気づかされました。
posted by 土筆文香 at 13:12| 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。