2014年09月18日

入院の日

母の具合が悪くなり、一昨日入院して検査を受けることになりました。
わたしは、土浦と三鷹の実家の往復(片道2時間半かかります)で、めまぐるしい日々を過ごしています。
そのような中で、「花子とアン」の中で語られる言葉に励まされています。

どんなに暗い朝でも、必ず朝がやってくる。
アンも言ってるわ、「朝はどんな朝でも美しい」って


曲がり角をまがった先に、何があるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。

思いもかけないことが起こると、悪い方、悪い方へと考えて不安になってくるのですが、神様に目を向けると、良い方に向かっているにちがいないと思えてきます。

なぜなら、神様はいちばんよいものを用意してくださるからです。最善をなしてくださるからです。
目の前で起きていることばかり見つめていると、絶望的になることもありますが、視点を変えると、苦しみが美しい絵をひきたてる重要なものとして描かれているのだろうと思えてきます。

入院の日の朝、母と一緒に「花子とアン」を見ていました。

「神は天にあり,世はすべてよし」
テレビから流れてきた言葉をメモして、バッグの中に入れました。

85歳の母は、(お産の時以外)初めての入院です。父や妹やわたしは何度も入院しましたが、母はいつも元気でした。

入院にはやはり不安があるようです。入院前日(15日)の夜は落ち着かず、家の中を歩き回っていました。そんな母を座らせて短い時間でしたが、共に聖書を読み、イエス様のことを話し、母の手を握って祈ることができました。

その聖書箇所は創世記28:15です。
「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしはあなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」

「神様はお母さんがどこへ行っても一緒にいてくださり、守ってくださるよ。
神様はお母さんを必ず元気にして、連れ戻してくださる。この地はこの家のことだね。」
と言うと、母は黙って頷きました。

「神は共におり,入院はすべてよし」です。
posted by 土筆文香 at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。