2013年09月26日

7年目の卒業式

日本クリスチャン・ペンクラブ関東では、1年おきに本を出版しています。同じテーマで会員の書いたあかし文章を掲載するのです。字数も決まっていて400字のものと1200字のものがあります。
1200字はそれほど苦労しないで書けますが、短編より長編が向いているわたしにとって400字を書くのは大変なことです。書いては消し、書いては消して、しまいには肝心なことまで消し、何を書いているのかわからなくなってしまうこともあります。

来年出版される本に掲載する400字のテーマは春・夏・秋・冬です。
今、秋のエッセイに取り組んでいて、明後日の例会に持っていくために先ほどまで最後の推敲をしていました。
今日は春のエッセイを紹介させていただきます。


          7年目の卒業式                   
                                土筆文香

 黒いガウンを身にまとい、角帽をかぶった私は、卒業証書を受け取っていた。
 乳癌を患ったとき、生かされている時間は限られていると、当たり前のことを自覚した。

 それまで神様から与えられた時間をなんと無駄にしていたのだろうと思った。
 自由に使える時間を神様に捧げたいと思い、お茶の水聖書学院に入学した。通信の学びは神様の恵みを受ける祝福の場となった。  
 
 難しいと思っていた旧約聖書にはイエス様を示す言葉や出来事がたくさん書かれていた。反逆の民イスラエルは、神様から心が離れていた自分のことだと思った。神様に背を向けて歩んでいた私をじっと忍耐して待って下さった神様。
ホセアが裏切った妻ゴメルを赦したように神様は私のことも赦し、戻って来るのをじっと待っていて下さったのだ。

 夢中で学んでいるうちに単位が満たされ、2013年の春、7年目にして卒業式の日を迎えた。神様が成し遂げさせて下さったのだ。



明後日のJCP例会では「最近の私とあかし文章道」という題でお証をすることになっています。
posted by 土筆文香 at 16:28| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

名前をいただいて

今週は大忙しです。
月曜日はOBIの同窓会があったので都内へ出かけ、三鷹の実家に寄って泊まり、火曜日に帰ってきました。水曜日は児童文学者協会茨城支部の例会。今年度から支部長をさせていただくことになり、慣れない司会をして緊張しました。合評では6作品もの提出があり、すごく勉強になりました。

木曜日は、金曜にある我が家での家庭集会の準備で、大掃除と料理の下ごしらえと買い物で一日バタバタしていました。
家庭集会は8人の方が来てくださいました。家庭集会のメンバーのひとりが手塩にかけて育てた薔薇を持ってきてくださいました。

そして明日土曜日は子ども家庭集会の奉仕で出かけます。原稿用紙20枚ほどの創作童話を暗記してお話しするのですが、まだ全部覚えていません(^_^;)

わたしの体力、能力の限界を超えたことをしていますが、朝にはその日のことを祈り、夕には感謝と翌日のことを祈り、その次のことは考えないようにして、ひとつひとつのこと成し遂げる力を与えてくださいと祈っています。

先の先を考えると、あれこれ思い煩ったり、不安になってしまいますが、ひとつ先の事だけ考えて一歩一歩すすんでいけばいいのなあと思います。

日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)のHPにニュースレター28号をアップしました。理事長池田勇人先生の追悼号です。その中に掲載されているわたしの400字エッセイを紹介します。以前、ブログに池田先生を偲んで書いたものと重複する部分もありますが……。

                
名前をいただいて


十年前、JCPに入会したばかりのころです。乳がんの手術を受けることを池田先生に話すと、手を取って祈って下さいました。
まだ死にたくないと言うと、「わたしはいつ死が訪れてもいいように死の備えをしているのです」と言われました。そして星野富弘さんの詩「いのちが一番大切だと思っていたころ……」を書いた色紙を送って下さいました。

術後落ち込んだとき、この言葉で助けられたのでした。これは、後に先生ご自身が病の床で力を得た詩であるとお証しておられます。

また、先生のおかげで「リピート・シンドローム」が出版されました。リストカットやドラッグを取り上げているので、本名で出さない方がよいと言われ、厚かましくも先生にペンネームをつけてくださいとお願いしました。先生はいくつかの候補を挙げて下さいました。その中から土筆文香を選ばせていただきました。土筆文香の名に恥じない文章を書いていかなくてはと思っています。

posted by 土筆文香 at 21:20| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

池田先生を偲んで

28日は、日本クリスチャン・ペンクラブの理事長であり、霞が関キリスト教会の牧師、池田勇人先生の葬儀でした。

葬儀の行われた霞が関キリスト教会は、埼玉県川越市で、最寄りの駅まで池袋から50分ほどかかります。
わたしは前日に三鷹の実家に泊まって出かけました。
会堂に入りきれないほどの大勢の方々が葬儀に参列していました。スクリーンには池田先生のあらゆる場面の写真が映し出されていました。

いつも優しかった先生を思い出して胸がいっぱいになりました。
葬儀で池田先生が46歳の時に遺言を書いておられたことを聞きました.
かつて池田先生が「人は、いつ召されるかわからないので、死の備えをしているのです」と言われたのを思い出しました。
葬儀で賛美した聖歌「救い主イエスと」、「重くとも汝が十字架」は、そのとき葬儀に歌うように希望されていたものでした。

池田先生に初めてお目にかかったのは14年ぐらい前でしょうか、土浦めぐみ教会でメッセージをして下さったときでした。童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風がクリスチャンであること、竿の先にとまったトンボは十字架を意味しているというお話が深く印象に残っています。
でも、そのときは個人的に言葉を交わすことがありませんでした。

それから数年後、クリスチャン新聞社のあかし文学賞にわたしの書いた小説が入選しました。入選の知らせを受ける一日前、池田先生からお手紙が届きました。日本クリスチャン・ペンクラブの例会へのお誘いでした。
池田先生がなぜわたしの住所をご存じで、なぜペンクラブに誘って下さっているのかわからずにいました。
翌日クリスチャン新聞社から入選の知らせの電話をいただき、池田先生があかし文学賞の選者のおひとりだと知って、ようやく理由がわかったのでした。

それでもすぐには例会に行かず、出向いたのは半年たった秋のことでした。その年はちょうどクリスチャン・ペンクラブ50周年の年でした。池田先生はわたしのことを待っていて下さったように歓迎して下さいました。その日に入会を決め、それから10年、ペンクラブに連なっています。

わたしの書いた小説「リピート・シンドローム」が出版されたのは、池田先生のおかげです。池田先生に原稿を見せると、すぐにキリスト新聞社の社長さんに送って下さいました。池田先生と社長さんとはお知り合いだったのです。すぐに出版の話になりました。
本名で出さないほうがいいということで、ペンネームを考えなければなりませんでした。
それで、ペンネームをつけてくださいと池田先生に頼みました。今から考えると、大変なお願いをしてしまったようで、先生からは「ペンネーム、考えています。しばらく待ってください」とメールが届いた後、1か月ぐらいしていくつか候補を挙げて下さいました。
谷野百合というのもあって、それは池田先生のペンネームでもあったのですが、それがよければ差し上げますといわれました。わたしは恐れ多くて、また、自分自身が華やかな百合より、地味な土筆に似ている気がして土筆文香を選ばせていただきました。

本が出版されてからは、何十冊も持って松原湖や神学校に出向いて下さり、本を紹介して売って下さいました。

思い出を書きはじめたら原稿用紙何十枚にもなってしまうので、やめますが、わたしだけではなく、多くの方々がそれぞれ池田先生のしてくださったことに感謝の思いを抱いていることがわかって驚いています。

池田先生は、教会員やペンクラブ会員だけでなく、出会った者ひとりひとりに実に細やかな愛の配慮をしてくださっていたのです。

「まことに、あなたがたに告げます、あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。(マタイ25:40)」の聖書の言葉をまさに実践されたのです。

63歳で召されるとは早すぎる気がしてなりませんが。神様の時だったのですね。

「兄弟たちよ。私は自分はすでに捕えられたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標をめざして一心に走っているのです。」葬儀で読まれた聖書箇所ピリピ3:10〜14 より

posted by 土筆文香 at 16:16| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

悲しき桜

23日がお茶の水で行われる日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)の例会だったので、22日から実家に帰っていました。

桜がきれいなので、母と吉祥寺駅で待ち合わせし、井の頭公園にお花見に行ってきました。ほぼ満開で、平日なのにたくさんの人で賑わっていました。

桜の花の下を自分の足で歩きたいと言われたJCP理事長の池田先生の言葉を思い出していたら、母と一緒にあと何回桜が見られるのだろう……と少し悲しくなりました。

その日の夜、池田先生が12時17分に天国へ召されたという知らせを受けました。母と昼食をとっている時間でした。9日ほど前、JCPのメンバーとホスピスへお見舞いに行ったばかりでした。先生は想像していたよりもお元気で、お話もでき、賛美して帰ってきたのですが、痩せて小さくなってしまった先生にお目にかかってから、悲しみが固まって胸の中に凍りついてしまったので、ブログに書くこともできないでいました。
書いたら、凍ったものが一気に噴き出して涙が止まらなくなりそうだったからです。

先生の癌がみつかったときはすでに転移しており、医師から数か月の命と言われていたのです。ところが、それから2年もいのちが保たれました。昨年の10月にはJCP60周年記念会で力強いメッセージをしてくださいました。

ホスピスに入られてからは、もうすぐ命が尽きようとしていることは誰の目にもあきらかで、それでも奇跡の快復を祈っていました。
覚悟はしていたとはいえ、こんなに早くその日がくると思っていなかったのでショックでした。

わたしの中の悲しみの塊が爆発するのではないかと思いましたが、不思議なほどに涙は少ししか出ませんでした。JCPの仲間が、「先生が痛みや苦しみから解放され、天国で安らいでいることは確か」と言った言葉に慰めを受けたのです。
同じように先生の死を悲しんでいる仲間がいる。その共有した思いがあることに救われています。告別式では泣いてしまうかもしれませんが……。

【「あなたの身辺整理をせよ」との声を聞く時が、誰にでもやってきます。その時が大いなる絶望の時となる時でなく、整理をする時間的余裕を神様が与えてくださったと、前向きにとらえ直させてください。】
                   池田先生の最後のメッセージの祈りより
posted by 土筆文香 at 20:48| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

恐れに対抗するには・・・・・・

2日(土)は日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)の例会に参加しました。お茶の水で行われるので、前日から出かけて三鷹の実家に泊まりました。

実家の庭に雪がまだ積もっていたのでびっくりしました。母は雪の上を歩いて水やりをしていました。転ぶのではないかと心配でしたが、ずいぶん用心して歩いていました。昨年腕を骨折したことで用心深くなったと自分で言っています。軽い怪我のおかげで大怪我が予防されているのかもしれません。


JCP例会では、参加者ひとりひとりが書くことと読書について今年の抱負を語りました。みなさんの高い志に圧倒されました。
また、K先生によるメッセージは心に残りました。印象に残ったことを紹介させていただきます。

信仰には積極的信仰と、受動的信仰があります。
積極的信仰とは、仕事、勉強、貯金など、人の努力に神の支えがあることです。

受動的信仰には次の3つがあります。

@人間的に見て不可能と思われる危機的状況にあるとき、すべて神様にゆだねる信仰。
A人の力ではあきらかに無理な場合。人の魂の救いやいのちのことを神様におまかせする信仰。
B神から新しい使命を求めるとき、神のみ前にゆだねる信仰。

旧約聖書イザヤ書7章には、アラムと北イスラエルの同盟が南ユダ王国に迫ってきたときのことが書かれています。
「すると、王の心も民の心も、林の木々が風で揺らぐように動揺した。(イザヤ7:2)」と書かれているように、アハズ王も国民も動揺します。

そのとき、イザヤは神様の言葉を告げます。
「気をつけて、静かにしていなさい、恐れてはなりません。(イザヤ7:4)」
自分の力では絶対に勝てない。このままだと国が滅ぼされてしまう。そんな危機的状況にあるとき、神様に身をゆだねていれば救われ、力を得るのです。


このメッセージをわたしが小説書くということにあてはめて考えてみました。
何のために書くのかという明確な使命と作品のテーマが与えられるまでは書き出さず、与えられることを求めて祈りつつ待ちました。使命とテーマが与えられたとき、書きはじめました。書きはじめるまでは受動的信仰で、書くということは積極的信仰になるのでしょうか。

一文字も書かずに祈っていて、朝になったら作品が書き上がっていた……なんていうことはありませんね。

書いているときに生じる闘いについては、積極的信仰、受動的信仰のどちらで対処したらいいのでしょうか?
「また、こんなつまらないものを書いて……誰も読んでくれないよ」
「時間の無駄だよ」
という内なる声に恐れをなして、書けなくなってしまうのです。この声に勝つにはどうしたらいいのでしょう……。

「気をつけて、静かにしていなさい、恐れてはなりません。」
このみ言葉をもって対抗します。
posted by 土筆文香 at 13:05| 日本クリスチャン・ペンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。