2014年06月03日

わたしの自分史

真夏のような暑さが続き、もはや夏バテしています。

31日は神楽坂で児童文学者協会の総会があって、児童文学の友人と出かけました。
友人と自分史を書くことの意義について話しました。友人は「波乱万丈の人生を書くなら読者も惹かれて読むかもしれないけど、平凡な人生を書いて何になるの? それに詳しく書くと差支えのある人が出てくるかもしれないし……。」と言いました。

朝日新聞で連載されている林真理子氏の小説「マイストーリー(私の物語)」は、自費出版社の編集者の目から書かれています。死ぬ前に自分が生きた証として自分史を書き、本を作って遺したいという人が増えているそうです。

本が完成すると子や孫、知人、親戚、友人に配りますが、売れるということは少なく、余った本はいずれは捨てられてしまうそうです。
子や孫に伝えるという意味では出版価値はありますね。

『自分史とは何を書くのか?』というところから考えてみたいと思います。
生れてから現在に至るまでに起きた出来事を書いていくだけなら、それは記録にすぎません。

旧約聖書の列王記には、王の名が次々書かれています。その中には敵国と戦って勝ち、領土を広げたとか、水道を引いたなど功績をあげた王がいます。
王として君臨した期間はそれぞれで、たった数か月の王や50年も王座についていた人もいます。でも、聖書には王座についていた期間や、功績は重要視せず、その王が神様に対してどういう態度をとったかを中心に書かれています。
長く即位した王も短い期間王だった人も、その一生は数行で終わります。王が、律法(神様の教え)に忠実だったかどうか書かれているのです。

一昨日の礼拝メッセージでは「自分史」を書くように勧められました。使徒の働き26章1-23はパウロの自分史です。クリスチャンを迫害していたパウロがキリストに出会って変えられ、神から使命をいただいて福音を伝える者となったことが書かれています。
「自分の人生は神の愛の見本です」
と牧師先生が言われました。

神様がわたしの人生にどのように働いてくださったか、神様によってわたしがどのように変えられたか記すのが、わたしの自分史です。

2007年に日本クリスチャン・ペンクラブで10代〜40代の自分史を書きました。
その自分史は、母に対する思いが神様によって変化したことをメインテーマにして書きました。50代はまだ書いていませんが、神様がますますわたしのことを愛してくださり、導いてくださっていることを書きたいと思っています。

「しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです(Tテモテ1:16)」
posted by 土筆文香 at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

そのままでいい

昨日は児童文学者協会茨城支部の例会でした。

これまで生涯学習センターの講座室を借りて例会を開いていましたが、同じビルに市役所が入るので、改築のため講座室が一年間使用できなくなってしまいました。

神立に住むメンバーのひとりが家に招いて下さり、そこで例会を開くことができました。
午前中は報告と課題本の合評。午後からは作品の合評です。お昼は掘りたての筍で作ってくださった筍ごはんや山菜の天ぷらをいただいて、おしゃべりに花が咲きました。

児童文学の仲間ではクリスチャンはわたしひとりですが、『そこにいるだけでいいと言ってもらいたい。そのままで愛される者になりたい』というテーマの詩を書いた方がいて、心打たれました。

わたしは、「子どもたちに伝えたいと思っているテーマがこれなんです」と言うと、「子どもだけでなく、誰でもそう思っているよ。特に高齢者の方はね。」と聞いてその通りだなあと思いました。

午後になって急に雲行きが怪しくなってきました。竜巻注意報の放送が流れ、どきっとしました。2年前につくばを襲った竜巻の被害が思い出されます。スマホで雨雲の動きをリアルタイムでみながら、竜巻が発生したら、この辺が通り道になるかも……。そうしたらみんなで(オズの魔法使いの)ドロシーのように旅をしましょうと冗談を言っていました。

合評を始めると、竜巻の恐れは消え、雷鳴や稲光、強風、雨音も気にならなくなり、作品からちょっとそれたおもしろい話にお腹を抱えて皆で笑いあいました。

いつの間にか雨が上がっていたので、その間に車に乗せてもらって帰りました。土浦駅で雨に降られましたが、買い物しているうちに雨が上がり、風もおさまっていました。


日本クリスチャン・ペンクラブのHP更新しました。
posted by 土筆文香 at 16:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

一大事

昨日、インターネットエクスプローラー(IE)が危険だというニュースが入りました。一大事だと思いました。
IEとはインターネットのサイトを閲覧するソフトで、PCを購入するとたいていこのソフトがついてきます。(水色のeに黄色の輪がかかっているようなマーク)

今まで何の疑いもなしにIEからネット検索をしていたのですが、これまででも絶対安心というわけではなかったようです。

今、IEを使っているとどんな危険があるかというと、正規のウェブサイトが改ざんされる恐れや、使用者をだまして悪意のあるウェブサイトを見させて、遠隔で操作されてしまったり、データを流出させることがあるそうです。

米国のマイクロソフト社は、現在IEが危険なので、IE以外の閲覧ソフトを使うように呼びかけているそうです。
2週間ぐらいすると、マイクロソフト社から修正プログラムが出されるので、それまで閲覧しなければいいのですが、Gメールも使っているのでそういうわけにいきません。

IE以外の閲覧ソフトとは? IEが使えないなら、それを調べることもできません。
教会で何人かの方に聞きました。そのニュースのことを知らない人がほとんどでした。

Firefoxかgoogle chromeかoperaをダウンロードして使うと良いと言われましたが、ダウンロードするにもIEを使わないとできません。
スマホでダウンロードして、USBに保存し、USBからインストールできると聞きましたが、スマホを持っていません。
GoogleのHPなら大丈夫かもしれないと思い、IEで開き、google chromeを無事ダウンロードすることができました。

このことを一大事と思うのは、日本クリスチャン・ペンクラブのHPを作成しているからです。
また、ペンクラブでほかの方から預かった大切な原稿を保管しているので、PCがウイルス感染すると、大変なことになるからです。外付けハードディスクにバックアップはとっていますが、流出してしまったら困ります。

企業や組織なら、ものすごい被害が出ることでしょう。
どうか、ウイルスが広がりませんように。
posted by 土筆文香 at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

お久しぶりです

しばらくぶりにブログ更新します。

ヒックンは一週間我が家にいて、昨日ママのところへ帰って行きました。

ヒックンがいると、ほとんどPC作業ができません。メールとコメント欄をチェックして返事を書くのが精いっぱいでした。
夜、ヒックンが寝てから自分の時間がとれると思っていたのですが、絵本を読み、お話をしてあげながら疲れてヒックンより先に寝てしまっていました。

4月1日には川崎にある藤子F不二雄ミュージアムに行ってきました。
日時指定の完全予約制なので、先月予約してチケットを購入していました。天気が悪くても、風邪をひいたりして行けなくなってもキャンセルができないので、その日のために祈っていました。

わたしは風邪をひいて前日まで調子が悪かったのですが、当日は奇跡的に回復しました。そしてお天気にも恵まれ、主人とヒックンと3人で出かけることができました。

ヒックンはずっと前からドラえもんが大好きで、DVDを観るとき、何がいい?と聞くと必ず「ドラえもん」と答えます。
3歳のころは「お友達の名前は?」と尋ねると「ドラえもん」と答えていました。
いつかミュージアムに連れて行きたいと思っていたのですが、土浦から電車で片道2時間半もかかります。ミュージアムには駐車場がないので車では行きにくいのです。

去年は東京タワーでドラえもん展があったので連れて行きました。東京タワーの方が少し近いのですが、それでも電車に乗る時間が長いので退屈してしまいました。


今回は、興味のある本を持って行ったので、読んであげると夢中になり、退屈する間もなかったようです。
乗り換え3回して、登戸駅前からシャトルバスに乗って10分ほどでミュージアムに着きました。


全員に(子どもにも)音声ガイドを貸してもらって、見学しました。屋上ではどこでもドアやどかんに入って遊ぶ場所があって、大喜び走り回っていました。

今日の礼拝では、祈ることと祈られていることの大切さについて教えていただきました。

わたしのブログを読んで祈ってくださる方がおられることをおぼえて感謝しました
親しい友達も祈ってくださいますが、お目にかかったことのない方までも祈ってくださっているのです。

2人目の孫の出産のために祈ってくださった方、わたしの体調のために祈ってくださった方々、ほんとうにありがとうございます。
微弱陣痛だったので時間がかかり、難産だったとあとから聞きました。出産の立ち合いをしたのは息子だけだったそうです。
28日に生まれて、1日に母子ともに退院しました。赤ちゃんは、すくすく元気に育っています。
無事に生れるのは、当たり前のことではないのです。神様の守りとみなさまの祈りを覚え、心から感謝します。

posted by 土筆文香 at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

新しいいのちの誕生

今日の18時48分、2人目の孫が生まれました。予定日5日過ぎても何の連絡もないので、心配していました。予定日より2週間前後するのは正常の範囲だと聞いてはいても、赤ちゃんが大きく育ちすぎてしまうのではないか……難産になるのではないかと思ってしまいます。

今日は教会で家庭集会が行われ、出席しましたが、携帯を手元に置いてそわそわしていました。
帰宅して夕方になったとき、なんとなく予感がして息子の携帯に電話すると、いきなり「7時ごろ生まれるよ」と言います。
息子は消費税増税前で仕事が忙しく、職場と病院を行ったり来たりしているそうです。

「生まれたらすぐ知らせてと」言って電話を切ってから、出産の無事を祈りました。それから約2時間後に生まれたと連絡がありました。
あらかじめわかっていましたが、男の子です。

陣痛がいつ始まったのかわかりませんが、夜中にならなくてよかったです。息子とヒックンは立ち会えたそうです。

ヒックンはどう感じたのでしょうか。ショックを受けたでしょうか。それとも感激したでしょうか。
明日からヒックンが来て、しばらく泊まります。

桜川の桜が今日開花しました。
posted by 土筆文香 at 21:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。