2012年03月03日

病に苦しむ誰かのために

3月に入ると心まで暖かくなりますね。明るい日差しがまぶしいです。

キリスト教の月刊誌、「百万人の福音」で毎年ペンライト賞を募集しています。4年前、癌で召された父のことを書いた文章がペンライト賞佳作に選ばれ、掲載されました。
昨年、自分の病気のことを書いて再び応募しました。やはり佳作に選ばれ、4月号に掲載されることになりました。

前回は、父の死の数か月前からブログにリアルタイムで書いていたことをまとめた文章なので、たくさんの人に読まれることに抵抗はありませんでした。むしろ読んでいただけるのは嬉しいことでした。

でも、今回は嬉しいという感情はまだ湧いてきません。むしろ、知っている人に読まれると思うと、深い心の傷跡があらわにされるようで痛みを伴います。(一部はブログやHPにも書いていますが……)

編集部から先月20日に電話をいただいたとき、ほんとうに驚きました。
「百万人の福音に掲載してよろしいですか」と聞かれたので、「はい」と答えたものの、あの文章が掲載されてしまうのだと思うと辛くて2〜3日眠れませんでした。

それなら、なぜ書いて投稿したのでしょう……。
ペンライト賞に出した文章の最後に
「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。(詩編119:71)」という聖書の言葉を記しました。

わたしは子ども時代で13年。大人になってから12年、計25年間喘息で苦しみました。なぜこんなに苦しまなければならないのか……と問い続け、病を受け入れられずに精神的にも苦しみました。その後、乳がんになり、死の淵に立たされました。

絶望の淵に立って初めて見えてくるものがあって、気づいたら病気になったことを感謝するようになっていました。苦しみに会ったことが幸いだと心から思えるようになっていました。長い時間かかってようやく達した心境です。

このことを書くように誰かに促された気がして、書きはじめました。でも、辛いことを書くという作業は苦しく、何度も途中で書くのをストップしました。するとまた、書くようにとの促しがますます強く感じられます。

気のせいと思って無視することもできたかもしれません。でも、無視したら体中の骨が痛むような気がします。もしかして、この促しは神さまからだろうか……。そうだとしたら無視してはいけない……。
そう思って書き上げたのが昨年の暮れでした。でも、ためらいがあって、すぐには投稿しませんでした。

年が明けて教会へ新年礼拝に行くと、今年の年間テーマの聖句が掲げられていました。
「神の力は私の弱さの中に完全に現れる。私が弱い時こそ私は強いのです。(Uコリント12:9-10より)」

この聖句を読んだとき、弱さをさらけ出したあの文章を送りなさいと神様から示された気がしました。わたしがためらっていたのは、精神的にも肉体的にも弱いことを大勢の人に知られるのが嫌だというのが主な理由だったのです。でも、神さまの前では、むしろ弱い方がいいのです。弱い人により大きく神様の力が働くのです。
そう思って締め切り間際に投函しました。

入選したと聞いたとき、「あの促しはやはり神様からだったのだ」と確信しました。
病で悩んでいる誰かのために神様がわたしの文章を用いようとして下さっているのかもしれません。会ったこともない誰かのために……。

「百万人の福音」4月号は今月半ばにいのちのことば社から発売されます。
posted by 土筆文香 at 17:46| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

お知らせ


わたしのホームページ「生かされて・・・土筆文香」を久々に更新しました。

先月結婚30周年記念として主人と九州(熊本・鹿児島)へ旅行に行った記録を書きました。
ブログ「生かされて」でも紹介させていただきましたが、ブログよりたくさんの写真を使っているので詳しい内容になっています。ぜひごらんください。

この画像をアップさせるのに四苦八苦しました。(寒い部屋で暖房をつけるのも忘れ没頭していたので風邪を悪化させてしまいました)

昨日になってHPのために使用できる容量(100M)を超えていたことがわかり、過去の記事でいらないものを削除しました。でも、それだけでは一部しかアップできず、試行錯誤を繰り返しました。
今日、娘にみてもらってようやく原因がわかりました。拡張子jpgの大文字、小文字の違いでした。

ついでながら、10日に更新した日本クリスチャン・ペンクラブのHPに三浦喜代子さんのクリスマス童話「ちこくチルル」を掲載しています。

パネルシアターにして、先日子ども家庭集会でお話ししました。パネルシアターの絵もぜひご覧ください。
posted by 土筆文香 at 20:26| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

自作詩を朗読する会

今月30日に第12回自作詩を朗読する会が開かれます。
  
  時  2011年6月30(木) 15:00〜16:00     

  場所 御茶ノ水クリスチャンセンター B1 アイリーンホール
     
千代田区神田駿河台2−1 ОCCビル 
            (пj03−3296−1001
   
                入場無料

第1部は日本クリスチャン・ペンクラブの詩歌の会のメンバーが自作詩を朗読します。

第2部はカトリック多摩教会の主任司祭 晴佐久昌英師が月刊誌『家庭の友』巻頭に連載中の「一行目は光」から、16篇を朗読していただきます。


詩に興味のある方はぜひお越しください。

お問い合わせ  (пj017-772-2646 自作詩を朗読する会

posted by 土筆文香 at 17:39| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

テレビ出演のお知らせ

今月10日に思いもよらぬことが起こりました。CGNテレビという福音放送をしているテレビ局から出演依頼メールが届いたのです。CGNはクリスチャングローバルネットワークのことで24時間衛星放送しているテレビ局です。

3年前のライフ・ライン出演が青天の霹靂1としたら、青天の霹靂2というところでしょうか。
「本の旅」という30分のトーク番組にわたしの書いた本、「リピート・シンドローム」についてゲスト出演して本のことや信仰のことを話してほしいという依頼でした。
司会者はクリスチャンアーティストの久米小百合さんです。
撮影日は20日というので、急なことに心が騒ぎ、オロオロ・・・。

なぜ出版されて6年もたっている今、この本についてTV出演依頼が来たのだろうか。
なぜ口下手なわたしが語らなくてはならないのだろうか・・・。CGNTVとはどんなテレビ局なのだろう・・・。と、わからないことだらけです。
牧師先生にお尋ねすると、先生は自宅にアンテナがあり、CGNTVをご覧になっているそうです。「安心して出演してください」とお返事を戴きました。

まずは祈りました。祈っているうちに落ち着いてきました。わたしにとって青天の霹靂であっても、神様はずいぶん前からこのことを計画されていたのだと思います。


「そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。(Tペテロ3:15)」
という聖書のみ言葉を思い出しました。
本を書いた動機や、救いの証をしてくださいと言われたことを考えると、神さまが誰かためにわたしを用いようとしてくださっているのかもしれないと思い、お引き受けしました。

インターネットでも流れるので、できれば顔は出さず声だけにしてほしかった・・・もう少し準備の時間があればよかった・・・などと引き受けてからも葛藤がありましたが、最後には神さまからの依頼として受け止め、平安に満たされながら喜んで都内の撮影所へ出かけたのでした。

久米小百合さんはとてもすてきな方でした。こちらが緊張のあまりかたまっていると、それをほぐしてくれるように親しみをこめて語りかけてくれました。ずいぶん前からの友人のように親しくお話しさせていただきました。

途中で廃品回収車がまわってきて(音が入ってしまうので)放送を中断しました。そのときも、撮影の前後も、久米さんとずっとお話ししていました
何を話したかよく覚えていませんが、神さまの栄光を現すことが出来るようにと祈りながら話していました。

現実感がなかったので放映日が決まるまで、このことをお知らせしませんでした。
番組が用いられるようにお祈りください。

放映日は12月30日(木)21時30分から22時
再放送は1月1日(土)11時から11時30分
放映日の翌日よりインターネットで見ることができます。本の旅http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=2439


posted by 土筆文香 at 22:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

JCPクリスマス会のお知らせ


日本クリスチャン・ペンクラブ(JCP)関東ブロックのクリスマス会、☆ジョイフル・クリスマス☆が28日(土)に行われます。

時 11月28日(土)13時半から15時半
場所 御茶ノ水クリスチャンセンター4階416号室
内容 クリスマスメッセージ: 『光の中に光を見る』
           池田 勇人牧師
聖書:詩篇36篇9節
賛美:賛美歌276番 
特別賛美
朗読劇 「ベツレヘム通りの人々」 (脚本をJCPのHPに掲載しました。わたしも役をいただいています)

参加費  1000円


この日はオープンJCPです。JCPの会員外の方もぜひご参加ください。申込は11月
22日まで。
JCPのHPをご覧ください。JCPのHPメールフォームからも申込受け付けます。


今回はJCPのHP作成に6時間以上かかってしまいました。(いつもはそれほどかからないのですが……)初めて脚本をアップしたのですが、脚本はセル(表)を作って作成しないと字の配列がうまくいきません。

HTMLの仕組みが十分わかっていないのに、ホームページ作成ソフトも使わずに作成しているので、やたらと時間がかかります。(勉強しなくては・・・)
目を閉じると tr tdのタグがチラチラ見える始末です。
文字の前後にタグ(記号)を入れて作るのです。

HPの画面を右クリックしてソースを左クリックしてみてください。
たったひとつの記号、たとえば>が抜けただけでめちゃくちゃになってしまいます。
昨日は娘にSOSを出しました。娘がいなかったらできなかったでしょう。


朗読劇 「ベツレヘム通りの人々」は人口登録のためベツレヘムにやってきたマリヤ、ヨセフが宿を探す場面から始まります。セリフからマリヤ、ヨセフ、宿の主人たちの心情が伝わってきます。

ベツレヘムの町から拒否され、どこにも泊まるところがなく途方に暮れるマリヤとヨセフ。出産が迫っているというのに・・・・・・。しかも生まれる子は全世界の救い主なのです。

マリヤやヨセフは、神様が出産の場所を用意して下さることを信じきって一抹の不安もなかったのでしょうか?

聖書にはマリヤとヨセフの心情は書かれていませんが、この物語ではふたりは人間の弱さを抱えた者たちとして描かれています。

マリヤは「ふっとかすかに、神様を疑ってしまいました。」「受胎を告知されたとき、『わたしは主のはしためです。おことば通りこの身になりますように』と明け渡したのに…、不信仰でした。」というセリフを言い、

ヨセフは「『神にはなんでもできないことはない』と頭ではわかっていても、不本意なことがあると、すぐ不信仰になってしまう。私は罪深い人間だ。」と言っています。
このところに共感します。

宿泊を拒否した人たちが心痛めるところもわたし自身のように思えてなりませんでした。

posted by 土筆文香 at 16:53| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。